決定機逸よりも深刻な南野拓実の“懸念材料”を英国人記者が指摘「チームメイトが躊躇しているのだとしたら…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

スティーブ・マッケンジー

2022年01月16日

コンスタントに得点を奪える存在となることを期待している

アーセナル戦で決定機を外して批判を浴びた南野(右)。残されたチャンスは多くない。 (C)Getty Images

画像を見る

 リバプールの南野拓実は、アーセナルとのリーグカップ準決勝・第1レグで先発のチャンスを得た。

 カメルーンでのアフリカ・ネーションズカップに参加しているモハメド・サラーとサディオ・マネがまだ戻ってこないことは分かっているので、南野がリラックスして試合に臨むことを望んでいた。リバプールに加入して以降、世界トップクラスのアタッカーの後塵を拝してきた彼は、常にプレッシャーに晒されていたはずだ。たとえ良いパフォーマンスを見せても、ふたりのスターがチームに戻れば、またベンチに逆戻りすると思っていただろう。

 そのアーセナル戦で、前半の南野はおとなしかった。リバプール自体が、アンフィールドでのいつもの試合のように支配できたわけではなかったため、日本代表FWにとってはよりタフな闘いを強いられた。

 この試合最大のチャンスを含む二度の決定機があったが、それを除けば、彼はほとんど何もしていなかった。しかも、その絶好機を外してしまう。違いを作り出すために、得点しなければならない場面だったが、決めればウェンブリーでの決勝戦に一歩前進できたシュートを枠に飛ばせなかった。

 もし決めていれば、彼はリーグカップで4試合連続得点をしたクラブ5人目の選手になっていた。ケニー・ダルグリッシュ、イアン・ラッシュ、スティーブ・マクマホン、ウラジミール・スマイカーという歴戦の勇士と肩を並べていたのだが、それも叶わなかった。

【動画】ガラ空きのゴールに…批判を浴びている南野の痛恨シュートミス

 気掛かりなのは、彼が外に開いてボールを受けようとした時に、チームメイトがパスを供給しなかったシーンが何度かあったことだ。もし同僚がパスを出すのを躊躇したのだとしたら、それは決定機を外したことよりも深刻な問題だ。

 南野にとって、プレー機会を得ているこの1月は非常に重要な時期だ。加入以降、サラーとマネの存在を忘れさせた試合もなかったわけではない。ただ、リバプールは勝ち続ける必要があり、誰かがゴールを決めなければならない。クラブとファンはコンスタントに得点を奪える存在となることを期待している。それを見せることができる、最大のチャンスがいまこの時なのだ。

 この試合の後、リバプールのファンは決定機を外したことしか印象に残ってないのではないかと心配になる。サラーとマネが戻ってくるまで、まだ時があるが、南野にとっては時間が不足しているのだ。

文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち


【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【関連記事】
「大事な場面でクオリティが出せない」絶好機逸の南野拓実を元プレミア得点王が酷評「リバプールに必要なのは本物のトッププレーヤーだ」
「気の毒に思う」批判を浴びる南野拓実を元イングランド代表の名手が擁護!「彼は試合に出ていないんだから…」
「クボは英雄になったのに、ウー・レイは…」中国メディアが久保建英と自国エースの“直接対決”に嘆き!「日本のスターとはまだ差がある」
「何度見てもめまいがする」久保建英の鮮烈FK弾にファン衝撃!「やべえええええええ」
38歳目前の“仕事人”長谷部誠を、フランクフルト指揮官が改めて称賛「彼は信じられないほど評価されている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ