頭を抱える南野の前で満面の笑みから一転…アーセナルDFが1週間後に強いられた“立場逆転”が反響!「復讐は甘美なり」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月22日

リバプール専門サイトが皮肉たっぷりに投稿

第1、第2レグともにフル出場したホワイト。最後に笑うことはできなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月20日に開催されたリーグカップ準決勝・第2レグで、アーセナルはリバプールとホームで対戦し、相手FWディオゴ・ジョッタの2発で完敗。スコアレスドローに終わった1週間前の第1レグと合わせ、2戦合計0―2で敗退となった。この一戦において、痛恨のリベンジを食らってしまったのが、ベン・ホワイトだ。

 昨夏、ブライトンから冨安健洋と同時期に加入したイングランド代表DFは、第1レグでは守備の要としてクリーンシート達成に貢献。土壇場の90分には、守護神アーロン・ラムスデイルが飛び出し、ゴールを守るのはカバーに入った自身だけという絶体絶命の状況を迎えるも、相手FW南野拓実がシュートを外したことで、満面の笑みを浮かべたことでも注目を集めていた。

 しかし、第2レグでは大苦戦。サイドを完全に崩されるなど、ジョッタらリバプール攻撃陣に手を焼き、結果的には2ゴールを叩き込まれてしまった。
 
 そうしたなか、リバプールの情報を日夜発信し続ける『The Anfield Wrap』の公式ツイッターは、皮肉たっぷりに2枚の写真を並べて投稿。1つが前回対戦時の頭を抱える南野の目の前でホワイトがほくそ笑むもの、もう1つが今回の2失点目の際、ボールがゴールラインを越えるのをホワイトがなすすべなく見送っているものだ。

【画像】南野の目の前で満面の笑みを浮かべていたホワイト。1週間後には…

 この絵に描いたような“立場逆転”は小さくない反響を呼んでおり、世界中のファンから「感情の全範囲が集約されている」「因果応報」「復讐は甘美なり」「How it started-How it finished」「最後に笑うのは私たち」といったコメントが続々と集まっている。

 一方、痛恨のシュートミスで批判を浴びていた南野にとっては、チームメイトのジョッタに救われる形となった。次は自らの一発で、チームを救いたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「プレーさせたくなかったが…」アルテタが冨安健洋の“ぶっつけ起用”を明かす。「彼は信じられないほどよくやっている」
神戸退団のフェルマーレン、現役引退でベルギー代表のコーチ就任と現地報道!母国メディアも驚き「サプライズだ」
「ハヤオはいかに優れた選手かを示した」“一時的合流”の川辺駿をウルブスTDが称賛!「うまく溶け込んだ」
「ゴール前で常にフリーになっている」内田篤人がクロスを上げやすかったFWは?「右足、左足、頭、全部できる」
中村俊輔が語るカズの凄み。「ちょっとずれただけで謝る。意識が高いからこそ」。移籍は「単純に寂しい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ