神戸退団のフェルマーレン、現役引退でベルギー代表のコーチ就任と現地報道!母国メディアも驚き「サプライズだ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月21日

12月以来空席となっていた

昨シーズン限りで神戸との契約が満了したフェルマーレン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨シーズン限りでヴィッセル神戸との契約が満了し、現在は無所属となっているベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンが現役を引退し、ベルギー代表のアシスタントコーチに就任するようだ。

 1月21日、母国ベルギーの『HLN』が一報を伝え、他メディアも追随して報じている。

【PHOTO】2022年冬の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 
 現地報道によれば、スペイン人のロベルト・マルティネスが率いるベルギー代表のコーチは、元スコットランド代表のショーン・マロニーが務めていたが、昨年12月に母国のハイバーニアンの監督に就任したため、空席となっていた。      

 そこで、現在フリーの36歳に声が掛かったようだ。これには現地も驚きのようで、『HLN』は「レッドデビルズ(ベルギー代表)のサプライズだ」と報じている。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【サポーターPHOTO】最後まで手拍子を絶やさなかったヴィッセル神戸サポーター!
 
【関連記事】
「衝撃だった」神戸FWボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」
「日本ではブラジルよりもはるかに…」神戸FWリンコンがJリーグで受けた衝撃を母国メディアに告白!「適応が難しかった」【2021総集編】
「Jリーグで一番すごいと思ったのは…」名手ビジャが絶賛した“完璧な選手”とは? 日本を愛する娘との秘話も明かす【2021総集編】
「ゴール前で常にフリーになっている」内田篤人がクロスを上げやすかったFWは?「右足、左足、頭、全部できる」
中国メディア主催の“アジア最高選手”、TOP10に日本代表2人がランクイン!イニエスタが21位、トップは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ