時代の最先端はAI型トラッキングシステム!手軽&柔軟な「Coach160」が打ち出すデータ新機軸

カテゴリ:PR

伊藤 亮

2022年01月10日

トラッキングシステムの最先端はAI

Jリーグも導入が進められているトラッキングシステム。最先端のシステムとはいかなるものか?

画像を見る

 現在、デジタル技術の進歩に加速度を与えているのがAI(人工知能)だ。そのAIがサッカーの現場にも進出してきている。トラッキングシステムが世界中のサッカーの現場に取り入れられて、今やすっかり定着しているが、この分野において新たにAI技術を駆使したシステムが登場した。

 その中で今回、日本にやってきたのはイスラエル企業が開発した「Coach160」だ。
同じトラッキングシステムといえど、革新的ともいえる違いを多く含むCoach160、その知られざる全貌を明らかにする。

――◆――◆――

 現在の世界のサッカーシーンにおいて、トラッキングシステムの導入はもはや当たり前のものになった。ワールドカップといった主要国際大会や欧州リーグにおいても、試合に出場した選手の走行距離やスプリント数がゲーム中に表示されるように。JリーグでもJ1の試合では毎節全試合のトラッキングデータが集計され、節ごとのスプリント数のランキングなどが公表されるようになった。サッカー関係者のみならず、サッカーファンにとっても、これまでにはなかった「数字で見る奥深さ」が加わった。

 世界中で導入されているトラッキングシステム――その主流はGPS技術を活用したものだ。試合時に選手にGPSを装着してもらうことで、個々の動きを把握する。GPS装置がプレーに支障のない形に進化したからこそできるようになった。

 しかし、デジタル技術の進歩は速い。トラッキングシステムひとつとっても、次々と新たな技術が登場している。今の最先端はGPSでなくAIを活用したトラッキングシステムだ。
 
【関連記事】
オランダ発!サッカーIQを「見える化」するデジタルソリューション「NeurOlympics」とは?
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ
「座右の銘? 色紙には“動く!”と書いてますよ」名伯楽・小嶺忠敏が貫いたイズム、そして教え子たちへの無上の愛
「メガネ姿も素敵です」仲田歩夢の新年初投稿にファン大反響!「むちゃくちゃ可愛いゾ」
大久保嘉人、雪上ゴルフとなった2022年初ラウンドを報告!パターショットはまさかの雪だるまに…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ