ベニテス新体制のファーストインプレッションは? 【マドリー番記者】のキャンプレポ

カテゴリ:メガクラブ

パブロ・ポロ

2015年07月20日

集まった選手を前に、開口一番「守備の改善を」と所信表明。

ベニテス新監督はどんなチームを作ろうとしているのか。オーストラリア遠征を同行取材する番記者がレポート。 (C) Getty Images

画像を見る

 メルボルンは寒い。マドリードは気温が摂氏45度にも達するというが、遠征先の南半球オーストラリアは現在真冬である。あまりの気温差に、到着早々の選手たちは絶句していた。
 
 なかでも寒さに耐えかねていたのがヘセ・ロドリゲスだ。防寒用のジャージを着こみ、ガタガタと震えるその姿は、ちょっと同情を誘う。アフリカ沖に浮かぶカナリア諸島で生まれたヘセには、やはり寒さは堪えるのだろう。
 
 そんなオーストラリアで、レアル・マドリーは覇権奪還を期す新シーズンをスタートさせた。その中心にいるのは、新監督のラファエル・ベニテスだ。まだスペイン語が堪能とは言えないガレス・ベイルやトニ・クロースなどには英語を交えながら、チーム作りを進めている。
 
「まずは守備を改善しようじゃないか」
 集まった選手たちを前に、指揮官は開口一番、こう告げた。堅実なベニテスらしい所信表明と言えるだろう。攻撃に関しては、「うまく行っている。これまで通りやろう」というスタンスだ。
 
 練習を取材していて興味深かったのは、サイドバックを呼んで直接指導したこと。ダニエル・カルバハルと新加入のダニーロに対してだ。右サイドバックのレギュラーを争う2人に、動き方を丁寧に教えていたシーンは印象に残る。
 
 続いて、セルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァランヌ、ナチョ、そしてペペのセンターバック陣を集めたベニテスは、ラインの作り方や個々の身体の向け方などを熱心に指導。約20分間の熱のこもった“授業”だった。移籍騒動の渦中にあるS・ラモスとも、ベニテスは非常に上手くやっている。
 
 そのS・ラモスは、やはり退団が避けられそうにないか。親しいチームメイトには「移籍したい」と漏らしており、契約延長を巡ってぶつかったフロレンティーノ・ペレス会長との間に生じた亀裂は、修復が難しいところにまで広がっているようだ。
 
 そうした状況にありながら、S・ラモスとベニテスの関係は良好だ。プロフェッショナルとして互いの立場を尊重しながら、一緒になってチームを前に進めている。
 
 尊敬に値するのは、S・ラモスの態度だ。イケル・カシージャスが去り、唯一の精神的主柱となった彼は、練習中に盛んに冗談を飛ばしながら雰囲気作りに努めている。
 
 そんなS・ラモスを見て、ベニテスは放出すべきではないとクラブ幹部と直談判し、残留するよう本人を説得してもいる。ペレスとS・ラモスは、はたしてどんな決断を下すのか。
【関連記事】
R・マドリー「夏の仕上がりチェック」ベイルのトップ下起用は新政権の目玉にも & 16歳ウーデゴーは先発で可能性を示す|ローマ戦
新指揮官ベニテスがチームにもたらすであろう3つの変化とは? 【マドリー番記者】
カシージャスがついにマドリー退団、ポルト移籍へ!
全選手がアンチェロッティに心酔していたのに…ペレス会長の判断は間違っている!!【マドリー番記者】
【移籍市場超速報】放出が既定路線のユーベのジョレンテにリバプールとマドリーも興味 etc.

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ