稀代のテクニシャンはいかにして作られたのか?「俺の原点」習志野高から日本代表への飛躍まで【玉田圭司ストーリー・前編】

カテゴリ:Jリーグ

元川悦子

2021年12月25日

「習志野の全員が技術と個性を生かした攻撃的なサッカーは楽しかった」

技術を徹底的に磨いた習志野高を原点にプロへ、そして世界の舞台へと飛躍した玉田。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

「引退しようかなと心が固まったのは11月。8月くらいから妻と軽く話をするようになりました。自分自身は『やれる』と思っていても、公式戦で自分を披露する場がなかったことが一番大きかった。今までは心と身体のバランスをとることが難しいと思ったことはなかったけど、今年初めて感じましたね」
【動画】これぞファンタジスタの一発!玉田が今季初ゴールを決めた山口戦(2分13秒~)
 
 12月11日に長崎市内で引退会見に臨んだ玉田圭司。23年間のプロキャリアに終止符を打った経緯を神妙な面持ちで口にした。「V・ファーレン長崎をJ1昇格させる」と決意して2019年に九州の地に赴いて3年。その目標は叶わなかったが、「やれることは全てやり切った」という清々しさを感じられたからこそ、ユニホームを脱げたのだろう。

 Jリーグ通算511試合出場・131得点。日本代表でも国際Aマッチ76試合出場・16得点。2006年ドイツ、2010年南アフリカと二度のワールドカップ(W杯)に出場するという偉大な実績を残した玉田だが、習志野高時代はここまで飛び抜けた存在になるとは想像だにしなかった。

 筆者が初めて彼を見たのは、97年夏の京都高校総体。習志野の2年生レフティは切れ味鋭いドリブルで敵陣を切り裂き、左45度から強烈なシュートを次々とお見舞いしていた。

「なかなか面白い選手でしょ」

 本田裕一郎監督(現国士舘高校テクニカルアドバイザー)にそう言われ本人に近寄ると、爽やかな笑顔のイケメン。スター性を感じさせたが、当時の習志野はU-16日本代表経験者の吉野智行(鳥取強化部長)や菅野拓真(元千葉)、藤島崇之(昌平高監督)らがひしめくタレント集団。ライバル校の指導者も「玉田は左のアクセサリー」と言っていて、そこまで高く評価されていたわけではなかった。

「年代別代表なんて1回も呼ばれなかったし、全く目立ってなかった。でも習志野の全員が技術と個性を生かした攻撃的なサッカーは楽しかった。あれが俺の原点だね」と本人は充実した高校時代を過ごしていたという。
 
【関連記事】
【私が見た玉田圭司】脳裏に焼き付く昇格プレーオフでの姿。J2を戦ったセレッソの“希望の光”に
【私が見た玉田圭司】ロベルト・バッジョの名言に通じる奥深さ。自信家でありながら独りよがりではなく
【私が見た玉田圭司】頑固でひたむきで最高のエンターテイナー…長崎での『楽』な日々
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|“遊び心”ある今季初ゴール。「僕としては良い心理状況だった」
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|「ミスしても全然いい」大事なのは自信を失わず、やり続けること

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ