【私が見た玉田圭司】頑固でひたむきで最高のエンターテイナー…長崎での『楽』な日々

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2021年11月25日

実に頑固な男である。その頑固さの根底にあったのも…

長崎には19年から在籍。熟練の技術を披露した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2021年シーズン限りで現役引退を発表した玉田圭司。その輝かしいキャリアを様々な記者に振り返ってもらう。長崎の番記者が見たのは、自身のサッカー観を貫く姿勢だった。

―――◆―――◆―――

 玉田圭司の現役引退が発表されてから、長崎で彼を取材した日々を思い出している。2019年シーズンに加入してからの3年、新型コロナウイルス感染症が蔓延したために十分な取材ができない時期もあったが、印象深かった取材を思い返すと、常に『楽』の文字が浮かぶ。どんな環境や状況にあっても誰よりもサッカーを楽しみ、そのために決して楽をしようとはしなかった男。それこそ私が長崎で取材をした玉田圭司という選手だった。

「初めて一緒にプレーする選手が多いので、キャンプでコミュニケーションを取っていきたい。やっているうちに言いたいことも出てくると思うので、話し合って良い方向へもっていければ」

 2019年シーズンの始動にあたり、そう語る玉田の顔には楽しさが漲っていた。加入直後の沖縄キャンプでも周囲の選手へ積極的に話しかけ、新しい監督、新しいチーム、新しい街、新しい挑戦に胸躍らせているようで、その姿勢はシーズンが始まっても揺らぐことはなかった。
 
 2019年シーズン、堅守速攻からポゼッションスタイルへと転換を図る真っ只中のチームは他を圧倒する戦力を持ちながら苦戦が続いた。チーム内外からスタイル変更への賛否が相次ぐなか、得点だけにこだわるのではなく、攻撃全体にバランスとアクセントをもたらそうとする玉田のプレースタイルに批判が集まることもあった。それでも玉田のサッカー観に揺らぎはなく、周囲との対話も諦めはしなかった。

「たくさん話はしていますよ。人間って簡単に変わるもんじゃないけど、それでも言い続けることで、その選手の頭の片隅にでも残れば良いと思う。それで、チームが向上すればもっと良いことだしね。それは続けていきたい。言いたいことは言って、言われた選手が俺にも言う、そうやって言い合うことが大事だと思うんで。そういうのはウザいなって思われるくらいに言っていきたい(笑)」

「サッカーはひとりでやるもんじゃないから、誰かのプレーに共感したり、いろんなプレーを共有することが大事になる。今はそれが足りないなと思う。だから、これから先の戦いでは、お互いを知るっていうことを突き詰めたい。そこですね、こだわりたいのは」

 実に頑固な男である。その頑固さの根底にあったのも「楽」だった。

「楽しくサッカーしたいというのがあるんでね(笑)。勝つことは嬉しいけど、見ている人もやっている選手も楽しいと思えるサッカーで戦って、その上で勝利するのが俺のスタンスでもあるんで」
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|“遊び心”ある今季初ゴール。「僕としては良い心理状況だった」
今季もファン驚嘆のお洒落ゴールをゲット…41歳・玉田圭司の引退に労いと「まだやれる」の声
玉田圭司が選ぶJ歴代ベスト11「目指すは究極のサッカー!一番思い入れが強い選手は…」
玉田圭司が選ぶJ歴代最強チーム「なによりメンバーが豪華。プロのトップレベルを痛感」
【セルジオ越後】オマーン戦のヒーローは間違いなく三笘! 柴崎は田中にレギュラーを奪われたけど…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ