「彼がヒーローだ」決勝で2発の古橋亨梧を英メディアが絶賛! セルティックに2年ぶりのタイトルをもたらす活躍に驚嘆

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月20日

「文句なしのマッチウィナーだ」

自らの2ゴールでセルティックにタイトルをもたらした古橋。優勝カップを手に喜びを爆発させた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月19日、スコットランドのリーグカップ決勝が行なわれ、セルティックはハイバーニアンを2-1で下して、見事に優勝。2年ぶりのタイトルを獲得している。

 この試合で躍動したのが、日本代表FW古橋亨梧だ。ハムストリングの負傷で戦列を離れていたが、この大一番で公式戦3試合ぶりに先発し、2ゴールを叩き込んだ。

 1点目はハイバーニアンに1点を先取された直後の52分、カラム・マグレガーからのパスを、エリア内で巧みなトラップで足下に収め、右足でグラウンダーのシュートを突き刺して同点弾。さらに72分、意表を突くループシュートで逆転ゴールを挙げた。
【動画】古橋が絶妙ループで決勝点! 試合後のポステコグルー監督との熱い抱擁をチェック
 タイトル獲得の立役者となった古橋に、英スポーツチャンネル『Sky Sports』は採点でチーム単独トップとなる10点満点中「9」点をつけ、「キョウゴ・フルハシがリーグカップ決勝でヒーローとなった」と称えている。

【動画】大勢のサポーターの前で優勝カップを掲げる古橋! ファンは「YWNA」を熱唱
「アンジェ・ポステコグルー体制での最初のトロフィーだ。この試合を迎えるまで負傷していたキョウゴの活躍は、ハムデンパークの熱狂的なファンの前で決定的なものとなり、セルティックは通算20回目のリーグカップ制覇を達成した(直近8シーズンでは6回目)。

 ハーフタイム後はスリリングなプレーが続いた。ハイバーニアンは衝撃的なゴールでつかの間の喜びを味わったが、1分後にキョウゴのゴールで立ち消えてしまった。そして20分後にも彼がゴールを決め、リアルヒーローとなったのだ」

 また、英公共放送『BBC』は「キョウゴが帰還したセルティックがタイトルを取り戻した」と伝え、マン・オブ・ザ・マッチに古橋を選出。「他に誰がいるだろう? 聡明なパスを出したトム・ロギッチも候補とはなったが、キョウゴの2ゴールが何より素晴らしかった。文句なしのマッチウィナーだ」と絶賛している。

 ビッグマッチでヒーローとなった古橋。そのセンセーショナルな活躍に現地メディアも感嘆しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】完璧なトラップから冷静なフィニッシュ!ELのGSベストゴールに選出された古橋のゴラッソ

【PHOTO】ゴール量産中!スコットランドの強豪セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「なぜキョウゴを守らない?」古橋亨梧への“ダイバー批判”にセルティックへ異例の要求!「日本人が歓迎されない嫌な国だと…」
「最高の品格だ」負傷欠場の古橋亨梧がベンチ脇で見せた“振る舞い”に現地熱狂!「素晴らしい人間性」
「スコットランドにVARがないのは驚き」古橋の“疑惑のゴール”に対する原博実氏のコメントが英国で反響!「日本で波紋を呼んでいる」
「1点目どうやって決めたん笑」古橋亨梧の決勝戦ゴラッソ2発に衝撃!「最高の抜け出し、芸術的ループ」
「絵になってる」「私服のセンスがありすぎ」セルティック古橋亨梧の“夏の思い出”ショットに喝采!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ