「スコットランドにVARがないのは驚き」古橋の“疑惑のゴール”に対する原博実氏のコメントが英国で反響!「日本で波紋を呼んでいる」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月17日

「このぐらいのレベルでもVARを入れてないところがあるんだ」

古橋(左)の微妙なゴールについて見解を語った原氏(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 DAZNの番組『ワールドサッカージャッジリプレイ』で、Jリーグの原博実副理事長が発したコメントが英国で話題となっている。

 原氏が言及したのは、スコットランド・リーグ第16節のハーツ戦(1‐0)で、セルティックの古橋亨梧がゴールを決めたシーンだ。前半33分、右サイドからのクロスにワンタッチで合わせ、これが決勝点となったのだが、古橋のポジションはオフサイドぎりぎりの位置だった。

 スコットランド・リーグではVARを導入していないため、ゴールが取り消されることはなかったが、敵将が痛烈に批判するなど、この判定は現地でも議論となった。

【動画】原氏は「オフサイドではない」と見解。敵将が激怒した古橋の“疑惑のゴール”
 このシーンは映像を見て、原氏は「ゴールだと思いますよ。オフサイドではない」と見解を語った後、こう続けた。

「スコットランドのリーグでVARが入ってないというのは、ちょっと驚きましたね。このぐらいのレベルでも入れてないところがあるんだと。それはそれで驚きでした」

 この発言に反応したのが、スコットランドを拠点とする英国メディア『Daily Record』だ。「スコットランドの要素が欠けていることにJリーグの理事が唖然とし、フルハシのゴールシーンが日本で波紋を呼んでいる」と報じ、こう続けている。

「原氏は、スコットランド・リーグがVARなしで運営されていることに驚いたことを認めた」

 この古橋の“疑惑のゴール”に関連して、現地でもVAR導入の議論が巻き起こっていた。これがシステム運用開始のきっかけのひとつになるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】 元プレミア得点王も絶賛!古橋がダンディー戦で決めた巧みなヘッド弾

【動画】切れ味鋭いフェイントで敵DFを翻弄!古橋がELで決めた開始3分弾&絶妙アシスト
【関連記事】
久保建英がCKから圧巻の2アシスト! 約3か月ぶり先発の国王杯で高精度キックを披露、マジョルカを6発圧勝に導く
冨安健洋への“顔面踏みつけ”の判定は妥当だったのか。日本人元主審の見解は? 京都の曺貴裁監督は「意図的かどうかではなく…」
「最高の品格だ」負傷欠場の古橋亨梧がベンチ脇で見せた“振る舞い”に現地熱狂!「素晴らしい人間性」
「なぜキョウゴを守らない?」古橋亨梧への“ダイバー批判”にセルティックへ異例の要求!「日本人が歓迎されない嫌な国だと…」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出【2021総集編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ