「この先SBはきついと思う」内田篤人が冨安健洋のプレミアデビュー戦に独自見解「もっといい選手が…」【2021総集編】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月18日

「こういうこともできるんだ?」と思ったシーンとは…

プレミアデビューを飾った冨安について内田氏が持論を述べた。(C)DAZN/Sugugru Saito

画像を見る

 今年も残すところあと2週間。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、アーセナルでは本職のCBではなく右SBでプレーする冨安健洋について、内田篤人氏の自身の経験を交えた見解を再掲する。

記事初掲載:2021年9月17日

――◆――◆――

 元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、プレミアデビューを飾った冨安健洋について言及した。

 移籍市場最終日の8月31日に、ボローニャからイングランドの名門アーセナルへ電撃移籍を果たした冨安は、9月11日のノーリッジ戦に右SBでいきなり先発デビュー。日本代表戦明けで、チーム練習は1日しか参加できなかったにもかかわらず、62分までプレーし、攻守に小さくないインパクトを残した。

 自身も右SBとして活躍した内田氏は、まず敵陣ゴール前でパスを受け左足でシュートを放った5分のシーンについて、「ここでもらうんだ? こういうこともできるんだと思った」とコメント。10分に裏をとられかけながらも追いついた場面では、「速いねぇ、サイドバックはこういうスピードは大事」と語った。
【動画】「ここでもらうんだ? こういうこともできるんだ」内田篤人を驚かせた冨安のプレー
 ただ、進行の野村明弘アナウンサーが「クラブは(本職の)センターバックというよりは、右サイドバックとして考えているようです」と紹介すると、「そうなの?」と返し、次のように持論を展開した。

「センターバックや3バックならいいけど、サイドバックはこの先、きついはきついと思うよ。プレーはサイドバックじゃないからね。プレミアがそれでいいなら、いいかもしれないけど。僕はプレミアでプレーしたことがないから。強くて、細かいことがいらないならいいと思う」

 そして、「きつい」と指摘した点について、「組み立てとか、高い位置に行って崩しで何とかして、とかを求められると、他に補強されたらもっといい選手はいると思う。ただ、冨安君には冨安君の良さがあり、それで(チームが)いいなら、抜群だと思う」と続けている。

 右SBのスペシャリストらしい見立てをした内田氏は、それでも「プレー自体はよかった」と認め、「サイドバックは守備ができれば評価される」と自身の経験を交えてエールを送った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 
【関連記事】
「いい選手ですよ」内田篤人がA代表入りを期待するパリ五輪世代の逸材は?「J2に落ちちゃったけど…」
内田篤人が考える日本代表で“替えの利かない”4選手は?「他はもっと競争してほしい」
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」【2021総集編】
「守備が完璧すぎる」冨安健洋の圧巻タックル→同僚&ファンの反応が話題!「2段スライディング凄すぎ」
「アーセナルの年間最優秀選手を競うレベル」冨安健洋、抜群の安定感に賛辞止まず!「なんという宝石を手に入れたのか」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ