「かなり嫌がっていた」強豪アヤックス撃破のAZ菅原由勢、オランダ代表DFとのマッチアップに手応え!「俺のアシストになる?」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中田徹

2021年12月13日

「走れと言われた日本人は走るしかない(笑)」

右サイドハーフで先発フル出場し、アヤックス撃破に貢献した菅原。(C)Getty Images

画像を見る

 12月12日、エールディビジ8位のAZは敵地ヨハン・クライフ・アレーナで、首位アヤックスを2−1で破った。右サイドハーフとしてフル出場した菅原由勢は開口一番「疲れました」と語るも、笑顔が耐えない。

「アヤックスはチャンピオンズ・リーグのグループステージを6連勝で突破して、ドルトムントにも勝ったすごいチーム。アヤックス戦はエールディビジで一番タフな試合です。また、AZとアヤックスの戦いは“ノールト・ホーラントダービー(両チームの本拠地はノールト・ホーラント州)”と呼ばれるビッグゲームですので、90分間、後先考えず足がどうなってもいいから走ろうと思ってました。(序盤でつまづき)今季、チームがうまくいかず、自分自身も難しい時期がありましたが、勝って本当に嬉しいです」
 
 この日のAZは普段の4-2-3-1から、4-4-2を基調にしたフォーメーションを組んだ。右サイドハーフに入った菅原は、アヤックスの左サイドバックを務めるランダ代表DFダレイ・ブリントの徹底マークを任されたことから、状況に応じて右ウイングの位置に張り出したり、5バックとして最終ラインに加わったり、複雑に立ち位置を変え続けていた。

「それこそ可変式システムだったんです。守備になったら俺は5バックになってもいいし、ウイングとしてプレスをかけてもいい。そこは自分のさじ加減でした。かなり頭を使いながらプレーしたので、頭も身体も相当疲れました」

 9日のカンファレンスリーグ、対ラナース戦(1‐0でAZの勝利)から、わずか中2日で迎えたアヤックス戦ということもあってフォーメーション練習はなし。ミーティングで攻守の確認をしただけだった。

「正直言って、細かい話しをしたのは今日の試合前だけだったんですよ。守備・攻撃をこういう風にやるという感じで確認して、自分に関しては『お前は今日、めちゃくちゃ走らないといけないからな。それがお前のタスクだ。守備も攻撃も走り続けろ』と言われた。そう言われた日本人は走るしかない(笑)。ワンツーで右サイドを崩せる場面もありましたし、効果的な走りもできました。今日は、自分に与えられたタスクができたと思います」

【PHOTOギャラリー】日本代表戦を彩る美女サポーターたちを一挙紹介
【関連記事】
「ミトマの素晴らしいパスだ」ピンポイントアシストの三笘薫、驚異の8点台評価!スタッツ3項目でチームトップをマーク
「空中戦では怪物」冨安健洋を偉大なOBと比較して地元メディアが激賞!「サーニャに引けを取らない」
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」【2021総集編】
「クボの上をボールが行き来するだけ」衝撃のタッチ数2回…久保建英を活かせないマジョルカの戦術に酷評!「パスも出してくれない」
「ハタテは隠れた宝石」旗手怜央のセルティック移籍報道に元スコットランド代表監督が見解!「動画を見る限りでは…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ