まさかの大誤審にC・ロナウドが腕章を叩きつけてプッツン!主審はミスを認める「恥ずかしい」【2021総集編】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月08日

後半アディショナルタイムの劇的弾のはずが…

キャプテンマークを叩きつけて怒りを露わにするC・ロナウド。(C) Getty Images

画像を見る

 今年も残すところあと数週間。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、3月に行なわれたワールドカップ欧州予選でクリスチアーノ・ロナウドがブチギレた“大誤審”について再掲する。

記事初掲載:2021年3月28日

―――◆――◆―――

 明らかな誤審にエースが激昂した。

 現地時間3月27日に開催されたカタール・ワールドカップの欧州予選・第2節で、クリスチアーノ・ロナウドを擁するポルトガルは、敵地でセルビアと対戦した。

 前半にジオゴ・ジョッタの2発で2点のリードを奪いながら、後半に追い付かれたポルトガルに絶好のチャンスが回ってきたのは、後半アディショナルタイム4分だった。

 浮き球のパスに反応したC・ロナウドがシュート。飛び出してきたGKを抜いたシュートは無人のゴールへ向かう。戻ってきたセルビアのFWアレクサンデル・ミトロビッチがスライディングでかき出すが、ボールはその前にゴールラインを割っていた。ように見えた。

【関連動画】これがノーゴール? 明らかにゴールラインを割っている決定的瞬間
 だが、審判団はゴールを認めず、試合は続行。猛抗議をしてイエローカードを出されたC・ロナウドは、完全にブチギレ。キャプテンマークを地面に叩きつけて、そのままピッチを後にしてしまった。

 試合はこのまま2-2のドローで終了。スペイン紙『MARCA』によれば、ポルトガルのフェルナンド・サントス監督は試合後、ダニー・マッケリー主審がドレッシングルームを訪れ、「恥ずかしい」と言って謝罪したことを明かした。だが、失った2ポイントが戻ってくることはなく、ポルトガル側の怒りはしばらく収まることがなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】キャプテンマークを叩きつけ…明らかな誤審にブチギレるC・ロナウド

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「クソみたいなプレーじゃないか」“ブチギレ”C・ロナウドとユベントス同僚の口論動画が大反響!「何もできてないだろ」
「嘘つきだ」C・ロナウドがメッシのバロンドール受賞直前に怒りの声明! 主催責任者を痛烈批判「宣伝のために利用された」
「ガチで許せない」「明らかに確信犯」冨安健洋の“顔面踏みつけ”に日本のファンも紛糾!カードなしの判定にも批判殺到!
「激怒した」C・ロナウドがポルトガル指揮官に不満爆発と現地報道! “怒りの叫び”と握手拒否に現地騒然!「猛烈に叫んだ」
「彼は狂っている」衝撃の報復パンチで退場したインテルMFに痛烈批判! 指揮官も苦言「重大な間違いを犯した」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ