【森保J、2022年の主戦メンバーは?】もっと攻撃を重視するなら――戦い方をガラリと変えられる旗手に期待

カテゴリ:日本代表

浅田真樹

2021年11月25日

プレー強度の高さもJリーグでは際立っている

浅田氏が推奨する日本代表の2022年主戦フォーメーション。

画像を見る

 カタール・ワールドカップ アジア最終予選は6試合を終えて、日本代表はグループBの2位につける。残るは、来年2022年の1・2月シリーズと3月シリーズの各2試合。果たしてこの4試合で、そしてその後の本大会を見据えて、日本代表はいかなる陣容で戦うべきか。有識者の見解を伺った。
(文=浅田真樹/スポーツライター)

――◆――◆――
 
 現状の日本代表における4−3−3は、単なる3ボランチ。守備に人数をかけるための布陣になってしまっている。それであれば、4−2−3−1のほうが無難な選択であるのは確かだろう。

 だが、もっと攻撃(ボール保持)を重視した“本来の”4−3−3が機能するならば、対戦相手や試合展開に応じたオプションも増え(3ボランチもそのひとつにあっていい)、現有戦力をより有効、かつフルに活用できるのではないだろうか。

 田中碧は同じインサイドMFでも、もっと攻撃的にプレーできるはずだし、トップ下に2枚を並べる形であれば、鎌田大地、南野拓実の併用の可能性も生まれる。いずれにしても戦い方の選択肢は広がるはずである。

 そこで期待したいのは、旗手怜央だ。複数のポジションをこなせるうえ、どこでプレーしてもバランスよく立ち位置が取れ、プレー強度の高さもJリーグでは際立っている。

 しかも、旗手がピッチにいることで、ひとりの選手交代で複数のポジションを動かすことができ、戦い方をガラリと変えることも可能になる。有効活用しない手はない。

 株価急上昇中の三笘薫は、現状ではスーパーサブが最も適性の高い役割だろう。もちろん、今後どうなっていくかはわからないが、川崎フロンターレでもU-24代表でも、途中出場で圧倒的に高いパフォーマンスを発揮している。

 言い換えれば、三笘の先発起用を考えるより、途中出場する切り札の効果を最大にするべく、そこから逆算して先発で誰を使うか。前半にどんな戦い方をするか。そう考えるほうが得策だ。

 例えば、先発では前田大然や浅野拓磨を起用し、足もとではなく徹底してDFの背後を狙う。そこでは、三笘との対比を強めるタイプのほうが有効かもしれない。

【画像】直近11月シリーズの日本代表メンバー28人
 
【関連記事】
「前半は全く力を発揮できなかったが…」CLでフル出場を果たした南野拓実の評価は?「重要なのは大物とのプレー」
「タキのプレーには完全に満足」CLフル出場の南野拓実にクロップが賛辞! 評価したポイントは?
【森保J、2022年の主戦メンバーは?】伊東純也と久保建英は共存できるのか? 柔軟な選手起用がテーマに
【森保J、2022年の主戦メンバーは?】重要ポイントはJ復帰ベテラン勢の状態。大迫はJでこそ違いを見せるが…
W杯出場へ残り4戦の焦点|何のための「1チーム2カテゴリー」なのか。サウジ戦では遠藤航を温存、敵地・豪州戦に照準

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ