【私が見た阿部勇樹】最高潮は2010年…“ルーニー潰し”が窮地の岡田ジャパンを救うきっかけに

カテゴリ:Jリーグ

矢内由美子

2021年11月25日

アジアを2度制している現役選手は阿部だけだ

2005年から2011年まで日本代表で活躍。南アフリカ・ワールドカップでは16強入りの立役者に。(C)Getty Images

画像を見る

 2021年シーズン限りで現役引退を発表した阿部勇樹。その輝かしいキャリアを様々な記者に振り返ってもらう。浦和や日本代表で取材を重ねてきた記者が「最高潮だった」という2010年を回顧する。

―――◆―――◆―――

 24年間のプロサッカー人生の幕を閉じる決意をした阿部勇樹。1998年にJリーグ最年少記録(当時)となる16歳333日でデビューを果たしたばかりでなく、2017年にJ1新記録(当時)となる138試合連続フル出場の金字塔を打ち立てたことには驚嘆させられるばかりだ。

 最年少記録は才能に恵まれていることを示すものであり、30歳を超えてからの連続出場は不断の努力を重ねてきた証左である。才能と努力の両方を兼ね備えた、Jリーグ史に残る素晴らしいフットボーラーだ。

「中学生の頃にムエタイの選手になりたいと思ったことがある」と語っていたほどのキック力。守備的MFながら機を見て数的優位をつくることのできる攻撃センス。ムラのない安定したプレー。

 ジェフ千葉時代の05、06年に若きキャプテンとしてナビスコカップを連覇した時のパフォーマンスは勢い満点だった。浦和レッズに移籍した07年にはAFCチャンピオンズリーグ初優勝に大きく貢献した。
 

 平川忠亮(現・浦和コーチ)が「07年はチームの怪我人や出場停止で空いた穴を全部、阿部が埋めていた」と語る獅子奮迅の大活躍。そして、17年にはキャプテンとして2度目のACL優勝を成し遂げた。アジアを2度制している現役選手は阿部だけだ。

 このように、高いレベルを長く維持してきた阿部にとって“ここが最高潮だった”という時期はいつだろうか。思い浮かんだのは10年シーズンだ。

 阿部は浦和でのハイパフォーマンスが評価されて南アフリカ・ワールドカップの日本代表メンバーに選ばれた。浦和では守備では隙のないプレーを見せ、攻撃時の加勢は目を見張るほど。日本代表の岡田武史監督は4月に浦和の試合を視察に来たときに「勇樹が良かったね」と満足そうに帰って行ったものだ。

 こうして迎えたワールドカップ直前の親善試合。5月30日、日本代表はオーストリア・グラーツで、ワールドカップ欧州予選10試合で9勝1敗、34得点・6失点と破格の強さを見せていたイングランドと対戦した。この試合で阿部に与えられた任務はウェイン・ルーニー(当時マンチェスター・ユナイテッド)を抑えることだった。

 イングランド戦の前、岡田ジャパンは苦しい状況に追い込まれていた。5月24日に埼玉スタジアムで行われた“壮行試合”で韓国に0-2で完敗していたのだ。阿部は負傷欠場の田中マルクス闘莉王の代わりにCBとして先発出場。勝手知ったる埼スタでのプレーだったが完敗し、唇を噛み締めていた。

 韓国戦の前半6分。中盤でボールを奪われた日本は、相手のエースMFパク・チソン(当時マンチェスター・ユナイテッド)に一気にシュートまで持っていかれたのだ。阿部も対応したが間に合わなかった。

「セカンドボールでガチャガチャしたところを拾われて、(パクに)突破されてフィニッシュまで持っていかれた。打つとしたらあのタイミングしかなかったとは思うが、アタッキングエリアに入ってからの仕掛けには感じるものがあった」
【関連記事】
【セルジオ越後】オマーン戦のヒーローは間違いなく三笘! 柴崎は田中にレギュラーを奪われたけど…
「阿部ちゃん泣かせないでよ…」宇賀神友弥が引退を決断した盟友の“言葉”に涙「ほんとは任せろ!と言いたかった」
「どういう色を出すのか」指導者転身を表明した阿部勇樹――目標とする二人の監督と大切にしている言葉とは?
「ASIAの切符取りましょうね!」槙野智章が引退表明の阿部勇樹に熱いメッセージ!「有終の美を飾って欲しい」とファン共感
阿部勇樹がプロ24年目で引退を決断した理由「1年前の想いと今現在の想いでは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ