【J1採点&寸評】清水1-0広島|エースの一撃で16試合ぶりの完封勝利! MOMは約半年ぶり先発のCB

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2021年11月21日

清水――鈴木義は空中戦でほぼ勝利!

【警告】清水=なし 広島=なし
【退場】清水=なし 広島=なし
【MAN OF THE MATCH】鈴木義宜(清水)

画像を見る

[J1リーグ36節]清水1-0広島/11月20日(土)/IAIスタジアム日本平

【チーム採点・寸評】
清水 6.5
序盤はカウンターからチャンスを量産し、その後はポゼッションも増やして、きれいな崩しから先制点を奪った。終盤はチーム全体で声をかけ合いながら守り切り、16試合ぶりの完封で5試合ぶりの勝利。残留争いのなか、腰の引けていない戦いでの勝利は非常に大きい。

【清水|採点・寸評】
GK
37 権田修一 6.5
後半はピンチが少なかったが、2度のビッグセーブを見せ、好判断でクロスを止めた場面も。ここぞという時間帯と場面でチームを救う仕事は、まさに真骨頂だった。

DF
4 原 輝綺 6(84分OUT)
前半は良い縦パスが目立ち、60分には思い切った攻撃参加からシュートも。守備でも安定したプレーを続け、今節も攻守に質の高さを見せた。交代時の負傷が心配される。

MAN OF THE MATCH
50 鈴木義宜 6.5
ヴァウドの出場停止で約半年ぶりに先発。空中戦ではほぼ勝利し、危ない場面にもうまく対応して無失点に貢献した。ビルドアップも冷静で、先制点に繋がる長いスルーパスはビッグプレーだった。

38 井林 章 6
鈴木義とは初めてCBでコンビを組んだが、2人でラインを細かくコントロール。的確なポジショニングでクロスをはね返し、危ないところもよくカバーした。

7 片山瑛一 6
前半はカウンターで活発な攻撃参加を見せ、自身もシュートを狙った。後半は押される展開のなかで冷静な守備を続けた。
 
MF
33 松岡大起 6.5
前線への進出は竹内に任せて中盤のバランスを保持。前半はインターセプトの多さも光って、カウンターに繋げた。苦しい時間帯もボールを追いかけ続け、走行距離は13キロメートルを超えた。

6 竹内 涼 6.5(84分OUT)
守備を力強く支えながら、攻撃にも思い切りよく出ていってチーム全体に積極性を与えた。残留争いをもっとも多く経験してきた選手としての頼もしさを発揮した。

16 西澤健太 6(75分OUT)
周囲とうまく絡みながら、カウンターでの好パスや自らの惜しいシュートも2本も見せた。セットプレーからチャンスは作れなかったが、攻守によく貢献した。
 
【関連記事】
【J1残留争い】横浜FC、仙台、大分のJ2降格が決定… 17位徳島、16位清水、15位湘南 三つ巴の争いへ
【岩本輝雄】シーズン最終盤で地力を高めてきたヴィッセルの充実ぶり。俊輔の存在価値も改めて再確認
【J2】残留争いはさらに混沌… 相模原が執念の逆転勝ちで残留圏の18位に浮上! 大宮は敗戦で降格圏に近づく…
「ゴールまでの過程が凄すぎる」南野拓実のアーセナル戦“48秒弾”にファン興奮!「祝福するメンツが豪華すぎて現実とは思えない」
「ゴールまでの過程が凄すぎる」南野拓実のアーセナル戦“48秒弾”にファン興奮!「祝福するメンツが豪華すぎて現実とは思えない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ