【月間表彰】浦和DF岩波拓也はなぜ正確無比の“タッチダウンパス”でアシストできたのか? 「キックだけは誰にも負けるなと…」

カテゴリ:Jリーグ

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年11月01日

「顔を上げて見てしまったら、周りのディフェンスが反応してしまう」

9月の月間ベストアシストを受賞した岩波。見事なロングパスを披露した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 DAZNとパートナーメディアによる「DAZN Jリーグ推進委員会」では、「Jリーグ月間表彰」企画を実施している。スポーツ・サッカー専門メディアが独自の視点で、その月に印象的な活躍を見せた選手やチームを表彰する同賞。サッカーダイジェストWebは「Jリーグ月間ベストアシスト」を毎月選出している。

 9月のベストアシストには、浦和レッズの岩波拓也が第29節のセレッソ大阪戦で披露した“タッチダウンパス”をチョイス。汰木康也のゴールを演出した正確なロングキックを本人に振り返ってもらうとともに、今シーズンのチームについても話を訊いた。

――◆――◆――

【動画】月間ベストアシストに輝いた岩波拓也の正確なタッチダウンパス
 
――第29節のセレッソ戦での、汰木選手へのロングパスを、9月のベストアシストに選出させていただきました。

「ありがとうございます!」

――まずは、あのシーンを振り返っていただけますか? 汰木選手が動き出した瞬間にパスを出したように見えました。

「そうですね。練習からああいう場面はすごく意識していました。映像を見てもらえると分かると思いますが、トラップしたぐらいで(汰木が)走り出しているのは間接視野では見えていました。顔を上げて見てしまったら、周りのディフェンスが反応してしまうと思ったので、あまり汰木選手の事を見過ぎないようにして、大外に蹴るモーションに入った時に相手のサイドバックの身体の向きが外に向いたので、内側を通したという感じです。自分の中では理想的なアシストでしたね」

――汰木選手がそういう動きをするのを頭に入れていたから、間接視野で見えていた?

「ああいう形はチームとしても取り組んできたことですし、イメージはしながらボールを受けるようにしています」

――その後、自身のSNSで父親がロングキックを教えてくれたと投稿されていましたね。幼い頃から練習をしていた?

「キックだけは誰にも負けるなって言われて、家の下にある公園で毎日のように練習していたんです。フェンスに向かってボールを蹴り続けるという単純な練習でしたけど、キック力がついたし、足のどこに当てればどういうボールが飛んでくるというのをそこで覚えられましたね。ただ、右足ばっかりやっていたので、左足もやっていれば、というのはあります(笑)」
 
【関連記事】
「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…
「フルハシの反応は恥ずかしい!」頭を叩かれて倒れた古橋亨梧のリアクションを英国人記者が辛辣批判!「スコットランドではしばらく見たことがない」
「ヒデとはやりたくない」元日本代表の城彰二が中田英寿との“口論”を回顧!「おい城、追いつけよと怒られて…」
浦和内定の京都橘FW木原励が高校No.1ストライカーと呼ばれる所以は?プロも唸らせる「動き出し」と「成長力」
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|天才が期待を寄せる“特殊なドリブラー”三笘薫。「若いときから海外を目指すのは良いこと」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ