「ロナウドやメッシが来るんじゃないかと…」サウジ資本が買収したニューカッスルが、一夜にして“嫌われ者”になった理由【英国人記者の目】

カテゴリ:ワールド

スティーブ・マッケンジー

2021年10月27日

「親しみやすいクラブ」だったが…

ニューカッスルのサポーターは熱狂的なことで知られているが…。(C)Getty Images

画像を見る

 ロンドンで育った私が子供の頃、サッカーファンの友人たちは皆、いくつかのスタジアムにアウェーファンとして行きたがっていた。

 当時、最も成功していたチームはマンチェスター・ユナイテッドとリバプール。誰もが、この2チームのスタジアムに行きたがった。そして、強豪ではないにもかかわらず、皆が一度は見に行きたいと思っていたチームがもうひとつあった。それが、セント・ジェームズ・パークを本拠地とするニューカッスル・ユナイテッドだ。

 当時から、ニューカッスルのファンはとても情熱的だと評判だった。イングランドのほとんどの都市には複数のサッカーチームが存在し、ファンはどのチームを応援するかを選べる環境にある。だが、ニューカッスルの町にはチームが1つしかなかったので、誰もがパグパイズのファンになった。

 ロンドンに住む私たちにとって、イングランドの北部に位置しているニューカッスルは、とても遠い場所にあるようにも感じられていた。いざ向かうとすれば、旅に出るようなものだ。
 
 中立のファンにとっても、ニューカッスルというクラブは愛すべき存在だった。なぜなら、ファンのクラブに対する情熱がとてもピュアだからだ。そして、ビッグクラブでも強豪でもなかったので、より親近感や好感を抱きやすかったのだ。

 しかし先週、ニューカッスル・ユナイテッドは、サウジアラビアのコンソーシアムに買収されたことが発表された。

 そのため、彼らは親しみやすく好感の持てるクラブから、一夜にして“嫌われ者”へと変貌してしまった。なぜなら、サウジアラビアの人権軽視問題などを横に置いておいて、巨額の投資に飛びついたからだ。
 
【関連記事】
「トミヤスの加入で全てが変わった」英代表MFの復調は“冨安健洋のおかげ”と地元メディアが指摘!「彼の重要性を浮き彫りにしている」
「デストではなく冨安で正解だった」アーセナルのバルサDF獲得見送りは“見事な判断”と現地報道!「トミヤスはエクセレント」 
“超リッチ”に生まれ変わったニューカッスル、解任したブルース監督の後任候補は? 有力視されているのが…
「コンテは合わない」「タイトルが欲しくないのか?」マンU指揮官の人事を巡り、ご意見番が大舌戦!
「数年後のCL出場は保証された」クロップが“金満”ニューカッスルに独自見解「いくつか間違った決断をしてから…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ