新機軸「4-3-3」を継続すべきか。11月のベトナム&オマーン戦のベストな戦い方を探る【W杯最終予選】

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2021年10月25日

「4-3-3」の固定化はアドバンテージを手放すことに

田中(写真)や守田をインサイドハーフに配した「4-3-3」で前節の豪州戦は勝利。新機軸となるシステムの今後の運用方法に注目が集まる。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 カタール・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表は、1勝2敗の成績で迎えた第4節のオーストラリア戦で新機軸「4-3-3」システムを打ち出し、2-1で勝利した。

 いずれも敵地でベトナム、オマーンと対戦する11月シリーズでも、「4-3-3」を継続すべきか。それとも従来の「4-2-3-1」に戻すべきか。相手のスタイルを踏まえたうえで、ベストな戦い方を探る。

――◆――◆――

 ベトナム戦は「4-3-3」でそのまま行くべきではないと考える。理由は相手のシステム、戦い方を想定すると「4-3-3」がマイナスになりうることだ。現在の日本が抱えている問題は戦術の対応幅が狭く、「4-2-3-1」なら「4-2-3-1」の弱点、「4-3-3」なら「4-3-3」の弱点をそのまま相手に利用されやすいことだ。

 正直に言えば、オーストラリア戦は「4-3-3」が完璧にハマったというよりは、サウジアラビアから長い移動を経た割にはコンディショニングがうまく行き、運動量と強度でオーストラリアを上回れたことがプラスに働いた。それでも位置的優位を取られる時間帯が多く、オーストラリア戦も結果的に1失点で済んだが、「4-3-3」のプレスの穴を突かれそうになったシーンは、失点につながったシーン以外にも見られた。
 
 ベトナムは「5-3-2」をベースにしているが、自陣深くで守備を固めるというよりはラインを押し上げながら、必要に応じて「5-4-1」のような形で中盤にプレッシャーをかけて、奪ったら縦パスやドリブルの推進力で素早くゴール前に持って行くスタイルだ。「4-2-3-1」でも「4-3-3」でもカウンターの対応時にフリーの選手が出てしまいやすい。それでも「4-2-3-1」のほうが相手の中盤に対する噛み合わせがよく、選手たちがより慣れている分、相手にスカウティングで狙われる隙も「4-3-3」よりは少ない。

 オーストラリア戦で「4-3-3」がある程度機能したことで、相手は的を絞った対策を試合前から立てにくくなった。利用したいのはそこで、1試合うまく行ったからといって固定的に「4-3-3」を使っていくことは、そのアドバンテージを手放してしまうことに等しい。特にシリーズの1試合目はコンディションも整っていないので、ベトナムが相手でも油断は禁物だ。

 11月のハノイは最低気温が22度、最高気温が26度と1年の中では過ごしやすいが、湿度が高めなので前回のオーストラリア戦のような運動量を期待するのは難しい。いずれにしてもボール保持率はおそらく日本が60%は握れるが、ベトナムはゴール前に守備を固めて一発のカウンターを狙うスタイルではない。「4-3-3」を採用する場合でも、中盤のパスをカットされたところで裏目に出る危険はあることを想定しておく必要がある。

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!
【関連記事】
「どれほど速かったか」三笘薫が練習初日に与えた“衝撃”を同僚エースが回顧!「ミトマが優れた選手なのは皆が分かっている」
原点は川崎アカデミー時代…三笘薫が持つ“世界基準”。メッシ、イニエスタらとも共通の強みとは?
最新FIFAランキング、日本は28位で2ランクダウン…最終予選でもたつきポイント下落、4連勝サウジが躍進
森保監督が明かす豪州戦「4-3-3」システム変更の舞台裏。サウジ戦前から「むしろ3バックを考えていた」
「あれだけ才能のある選手だから」本田圭佑が日本代表から2年半遠ざかるストライカーの“再招集の可能性”に言及!「来年のW杯に…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ