サルバトーレ・リッジョ 新着記事

【番記者通信】ハビエル、心からの敬意と祝福をあなたに!|インテル

 イタリアにやって来た時、彼は無名だった。1995年の夏、ミラノに降り立ったアルゼンチン人の若手サイドバックが、後にネラッズーロ(インテルの愛称)の歴史に名を残すカンピオーネ(名手)となることを... 続きを読む

【番記者通信】明るい未来への第一歩を踏み出したネラッズーロ|インテル

 インテルというブランドの再強化、収益の増加、そして上位を目指すための戦力の再整備――。  これが、エリック・トヒル会長の提示したインテル復活のプランである。昨年11月にクラブの筆頭株主となり、マ... 続きを読む

【番記者通信】インテルとマッザーリの未来を左右するEL出場権|インテル

「以前、インテルはレアル・マドリーとも同格だったのだが、今はそこから一、二段落ちている。しかし全員の努力をもって、また頂点に返り咲きたい」  チャンピオンズ・リーグ準決勝のレアル・マドリー対バイエ... 続きを読む

【番記者通信】「現在」と「未来」が交錯したサンプドリア戦|インテル

 現在と未来。4月13日のサンプドリア戦は、それが交錯したゲームだった。インテルのベンチに座り、血気盛んでありながら戦術的に用意周到なところを見せているワルテル・マッザーリ監督が「現在」で、サン... 続きを読む

【番記者通信】EL出場権を目指す運命のラスト7試合|インテル

 ワルテル・マッザーリ監督の運命は、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権に深く結びついている。つまり、このまま5位の座を守りきれるかが問題だ。セリエAでEL出場権を得られるのは4位と5位だ。「全員が... 続きを読む

【番記者通信】復権に向け、差し始めた光|インテル

 スランプからはもはや脱した。ワルテル・マッザーリ監督は、インテルのあるべき姿を取り戻しつつある。シーズン当初に設定された目標は、昨シーズンは9位に終わって逃したヨーロッパリーグ(EL)の出場権... 続きを読む

【番記者通信】クオリティーを保証する“預言者”|インテル

 ローマと敵地オリンピコで引き分けた26節は、たとえ相手の主力に欠場者が多かったとしても、いまのインテルにとっては決して悪い結果ではなかった。酷かった1月を経て、ワルテル・マッザーリ監督は組織の... 続きを読む

【番記者通信】パズルのピースは揃った|インテル

 インテルにとって、ここ数週間はまったく平穏なものではなかった。オーナーの交代、メルカート(移籍マーケット)での混乱、未勝利に終わった1月の成績(2分け3敗)。サポーターの抗議デモまで発生した。... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ