川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部) 新着記事

年商220億円超で新規上場! 元Jリーガー社長が見据える「サクセスストーリーのその先」

 期待と希望に満ち溢れてプロの世界に飛び込んだものの、厳しい生存競争にさらされ、若くしてスパイクを脱ぐ選手は少なくない。20代前半で人生を仕切り直すにしても、サッカー界にとどまって指導者の道を歩... 続きを読む

ガンバが獲得した「5番目の助っ人」はモデルチェンジの特効薬となれるのか

 プレシーズン中の嫌な予感が現実のモノとなった。  ブラジル人指揮官のレヴィー・クルピを招聘し、攻撃的なスタイルへの転換を図るガンバ大阪だが、新チームは始動直後から試行錯誤が続いている。J1で開幕... 続きを読む

【追悼】名優・大杉漣さんが語ってくれた「深すぎるフットボール愛」

 2月21日、ひとりの名優がこの世を去った。名バイプレーヤーとして老若男女を問わず人気を博した大杉漣さん。享年66。その早すぎる突然の訃報に、日本中が悲しみに包まれた。  一度だけ、取材をさせてい... 続きを読む

ヘディングの達人、秋田豊が戦慄を覚えた「5大エアバトラー」は誰だ!?

 元日本代表の秋田豊と聞けば、サッカーファンはどんなイメージを抱くだろうか。  鹿島アントラーズで栄華を極め、キャリアの終盤は名古屋グランパス、京都サンガでプレー。日本代表としてはあの「ジョホール... 続きを読む

「この仕事にやりがいを感じている」古巣に舞い戻ったミスターガンバの波乱万丈

 およそ4年ぶりの帰還だ。「こんなに早く戻ってくるとは思ってなかったんで」と照れながら、微笑を浮かべる松波正信。ピッチ内外で改革が進む2018年のガンバ大阪にあって、元祖ミスターガンバは、アカデ... 続きを読む

浪速の至宝、宮本恒靖はガンバ大阪の近未来をどう見据えているのか

 宮本恒靖にとって2017年シーズンは、試練の連続だった。ひょっとしたら、サッカー人生においてもっとも苦難に満ちた1年だったかもしれない。  J3を戦うガンバ大阪U-23の監督に抜擢されたが、与え... 続きを読む

ガンバ大阪、強化のエキスパートが明かす「クルピ招聘の狙いと補強のこれから」

 1月22日にキャンプ地である沖縄に到着し、いよいよ本格始動した新生・ガンバ大阪。過去2シーズンは無冠に終わった。クラブスローガンを『奪還』と定め、レヴィー・クルピ新監督の下で捲土重来を期す。  ... 続きを読む

新指揮官レヴィー・クルピを緊急直撃!「ガンバ大阪は本当に生まれ変われるのか?」

 5年間続いた長谷川前政権が終焉を迎え、新たなターンへと舵を切ったガンバ大阪。命運を託すべく新指揮官に招聘したのは、エリアライバルのセレッソ大阪で名声を築いた智将、レヴィー・クルピ氏だ。  現在6... 続きを読む

故郷レッズから宿敵ガンバへ…矢島慎也、不退転の決意「どこか慣れ親しんだ環境で…」

 今季のガンバ大阪が期待の即戦力として釣り上げたのが、24歳のMF矢島慎也だ。  浦和レッズのアカデミーで英才教育を施されたエリートは、年代別の日本代表に名を連ね、リオ五輪代表にもエントリー。ファ... 続きを読む

【G大阪|新体制】4年ぶりの来日にご満悦のクルピ新監督「時代遅れの監督だと言われたよ」

 1月20日、ガンバ大阪の2018シーズン・新体制発表会が行なわれ、山内隆司社長、レヴィー・クルピ新監督、そして矢島慎也、菅沼駿哉、新人7選手が壇上に上がった。  今季のスローガンは『奪還』。山内... 続きを読む

【ガンバ革新】高体連・新人トリオが語った「目標のG戦士」と「理想のワールドクラス」

 2018年シーズンのガンバ大阪は、総勢38選手の大所帯で臨む。  チーム始動と新体制発表会を翌日に控えた1月19日には、レビー・クルピ新監督が初めてクラブハウスを訪れ、宮本恒靖や山口智、松代直樹... 続きを読む

【ガンバ革新】高校2年生の大器、中村敬斗はなぜ浪速の雄を選んだのか

 強化サイドのお手柄である。ガンバ大阪は複数のJクラブとの競合を制し、超が付く逸材の獲得に漕ぎつけたのだ。  昨年のU-17ワールドカップで日本代表の主軸としてフル稼働し、グループリーグ初戦(ホン... 続きを読む

【ガンバ革新】背番号10の絶対軸、倉田秋に問う「クルピ新監督、どうよ?」

 運命のワールドカップイヤーを迎え、意気軒高だ。ガンバ大阪U-23の宮本恒靖監督が監修する、若手主体の合同自主トレ。そこにみずから志願して参加し、さっそくハードなフルメニューをこなしている。背番... 続きを読む

「やっぱりヒデさんは僕にとっての…」名手、松井大輔が選ぶ最強ベストイレブン!

 およそ1か月に渡ってお届けしてきた、元日本代表MF松井大輔のインタビュー連載。自身のサッカー哲学や新天地ポーランドでの日々を語ってもらいつつ、ハリルジャパンへの提言、鹿児島実高時代のレアエピソ... 続きを読む

15歳の決断~松井大輔はなぜ鹿児島実を、高校サッカーを選んだのか

 ポーランド2部リーグのオードラ・オポーレでプレーする元日本代表MF、松井大輔。36歳となったいまでも、フットボールへの情熱に陰りは見られない。  これまでフランスやロシア、ブルガリア、ポーランド... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ