【セルジオ越後】アントラーズ復帰の内田は選手として生き残れるかラストチャンスだ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年01月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古巣でも結果を残せないと……。

7年半ぶりに鹿島へ復帰した内田。ただ右膝の状態を含めコンディションには不安が残る。(C)Getty Images

画像を見る

 新シーズンに向けて各クラブが補強に動いているなか、話題を集めているのがアントラーズに復帰した内田だ。
 
 Jリーグでのプレーは実に7年半ぶり。ここ数年は右膝の怪我に苦しみ、リハビリ生活を強いられてきただけに戦力として計算できるかは未知数だが、注目されているのは事実だね。
 
 昨夏には復活を期してシャルケからウニオン・ベルリンに移籍したが、負傷が重なり満足な結果を残せなかった。それだけに彼にとって今年は勝負の年だと捉えられる。サッカー選手として生き残れるかラストチャンスになるはずだ。
 
 日本代表からも遠ざかっており、このまま行けばロシア・ワールドカップ出場は絶望的だと言える。アントラーズで復活できなければ、“引退”という選択肢が出てもおかしくないんだ。怪我が原因でピッチを後にした選手は数え切れないし、内田がそうなる可能性は否定できない。
 
 ただ、内田はまだ29歳と働き盛りだし、個人的にも再び輝きを取り戻してもらいたいと願っているよ。チームメイトにドイツで得た経験を伝えるだけでなく、プレーヤーとして貢献してもらいたいね。言葉よりも身体で示す――それがサッカー選手として一番大切なことだから。
 
 2017年のアントラーズはまさかの無冠に終わった。積極的な補強に打って出てACL制覇も視野に入れながら最後までタイトルに手が届かなかった。雪辱を誓う新シーズンは内田の加入を起爆剤にしたいと考えているだろうし、彼にかかる期待は大きいよ。
【関連記事】
【鹿島】内田篤人の完全移籍を発表!「やはり! 鹿島へ帰ってくることになりました」
鹿島復帰の内田篤人に盟友・長友佑都は「Jを盛り上げて!」、古巣シャルケもエール
名古屋が「超巨額投資」のジョーってどんな選手? 実力派だがトラブルメーカーの側面も…
【名古屋】元ブラジル代表のジョーを獲得!2017年はブラジル全国選手権1部で得点王&MVP
【千葉|新体制】エスナイデル体制2年目のテーマは進化とJ2制覇!新加入の増嶋竜也は「笑顔で終われるように…」と抱負

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24