鹿島復帰の内田篤人に盟友・長友佑都は「Jを盛り上げて!」、古巣シャルケもエール

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月03日

「永遠のシャルケファミリー、ウッシー」

古巣で完全復活、そして代表復帰を目指す内田。盟友・長友とともにハリルジャパンの両翼を担う時は訪れるだろうか!? 写真は2014年。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 1月2日に、ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンから鹿島アントラーズへの移籍を発表した内田篤人。7年半ぶりのJリーグ復帰ということで、大きな注目と期待を集めている。


 ウニオンは公式サイトで「残念ながら彼のポテンシャルをここで発揮することはできなかった。彼は母国に帰ることを望み、我々と話し合った」との、強化部長のコメントを綴っている。
 
 内田がこの時期に移籍を決断したのは、出場機会を求めてのことと思われる。そして彼の視線の先には、日本代表復帰、さらには今夏のロシア・ワールドカップがあるのだろう。
 
 そんな、古巣で新たな挑戦に踏み出した29歳のSBに対し、日本代表では同ポジションで互いに切磋琢磨してきた長友佑都(インテル)が、さっそく自身のツイッターでエールを送っている。
 
「内田篤人鹿島復帰。篤人の能力にどれだけ羨んだか。。代表の時も俺が何も考えず、好き放題やってる時、篤人はいつもバランスとってくれてた。長友さん好きにやっていいっすよって。後輩に気を遣わせてたんやな。と今更気づくダメ先輩。。。苦笑 Jリーグを盛り上げてほしい!」
 
 また、2010年に鹿島から移籍し、7シーズンを過ごしたシャルケも公式ツイッター(日本版)で、多くのファンから愛されたかつてのアイドルの古巣復帰に言及している。
 
「プロキャリアをスタートしたチームで頑張ってね、うっちー! ファン、そして内田篤人 選手にとって来季が成功したシーズンになることを祈っています。永遠のシャルケファミリー、ウッシー」
 
 これらの声に応え、内田は鹿島で存在感を示すことができるか。新シーズンのJリーグに大きな楽しみがもたらされた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ