【高校サッカー勢力図】選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2017年12月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出場全48チームの出身地を可視化することで、見えてくる地域ごとの特徴は?

12月30日に開幕する高校サッカー選手権。出身地もチームごとに特色がある。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今年で96回目を迎える年末年始の風物詩・高校サッカー選手権が12月30日に開幕する。選手たちは日本一を目指し、最後の調整に励んでいるところだ。

 そこで今回、本稿では恒例の「出身都道府県ランキング」を紹介する。本大会にエントリーできるのは各チーム30名。そのリストを紐解いていくと、色々なことが見えてくる。様々な都道府県の選手で構成されているチームがあれば、ほぼひとつの都道府県で固められているチーム。越境入学をして他県に渡る者が近年は増えている一方で、地元の高校に進む選択をした者もいるため、都道府県ごとに特色が出易いと言えるだろう。

高校選手権の組分けと日程はこちら

 果たして、どの都道府県が最も多くの選手を輩出し、他のエリアにどれだけの選手を送り込んでいるのだろうか(※東京は2代表校の合算数)。

 なお今回は、大会の最終登録メンバーからではなく、高校サッカーダイジェスト編集部が48の出場校にアンケート調査を実施し、そこで回答を得たメンバーリストを基にランキングを作成している(※12月9日発売の高校サッカーダイジェスト『選手権名鑑号』より)。

 去年のデータ&順位と比較しながら、まずはトップ10から紹介していく。
 
201712200935_1.jpg
【関連記事】
いきなり欧州挑戦も!? Jスカウトが争奪戦を繰り広げるU-17日本代表の大器
【Jリーグ勢力図】都道府県別 選手数ランキング|“王国”静岡は6位、最多6クラブを抱える神奈川、育成年代も強い大阪、埼玉、千葉は何位?
【選手権予選】出場全48校がついに出揃う! 最後の切符は神奈川の桐蔭学園がゲット!
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
スーパーアシストの香川真司を現地紙が絶賛!「圧巻のパス軌道」「まさしく神出鬼没」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24