【高校サッカー勢力図】選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2017年12月20日

1位はやはり東京!その後に続いた地域も大都市圏だが、意外な結果も...。

東京B代表の関東一。A代表の実践学園とはまた違ったカラーがある。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 トップ10を見ていくと、1位は昨年同様に東京となった。2位以下にも人口の数が多い都道府県が並んでおり、人口数と比例していることが窺える。

第96回全国高校サッカー選手権
出身都道府県別 出場選手数ランキング(1~10位)
※( )内は地元代表校の出身者数
1位:  東京……101人(43人) 昨年1位→
2位:  兵庫……59人(27人) 昨年5位↑
3位:  神奈川……54人(18人)昨年4位↑
4位:  大阪……52人(10人) 昨年3位↓
5位:  埼玉……51人(18人) 昨年2位↓
6位:  愛知……49人(27人) 昨年7位↑
7位:  茨城……47人(22人) 昨年36位↑
8位:  奈良……44人(28人) 昨年12位↑
9位:  大分……43人(30人) 昨年9位→
10位: 広島……37人(29人) 昨年10位→
     沖縄……37人(30人) 昨年13位↑

 東京は関東一と実践学園の2校が出場するため、必然的に出場選手数は多くなるが、他の都道府県への選手輩出数でも58名で1位となった。一方で代表校2チームの地元出身の割合を見てみると、関東一が16名、実践学園が27名と大きな差が出ている。

 他を見ていくと、2位に兵庫、3位に神奈川、4位に大阪、5位に埼玉が入った。ここは昨年も2位から5位にランクされていた地域のため、大きな変化は生まれていない。ただ、他地域への選手供給数を見るといずれも30名以上になっており、大都市圏らしい特色が出たと言える。


 一方で注目すべきは7位の茨城。昨年は37位だったが、一気にジャンプアップを果たした。元々鹿島アントラーズの下部組織から有能な人材が他県に輩出されていた地域だが、今年は代表校の明秀日立から22名の地元出身者が出場するため(昨年は10名)、数を大きく伸ばしたと言えるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ