【日本3-3ハイチ|採点&寸評】倉田や杉本あたりは及第点も、個人技に圧倒された守備陣は総じてマイナス評価に

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2017年10月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流れるようなパスワークは数える程度。

【警告】日本=なし ハイチ=エリボー(88分)、ジャンバプティステ(90分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ナゾン(ハイチ)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち


【日本代表総評】

  立ち上がりから主導権を握り、17分まで決定機をきっちりとモノにして2-0と上々のスタートと言えた。しかし、試合を押し気味に進めながらも28分にあっさりと失点したのはいただけない。そこから相手のペースになり一時は2-3と逆転されたのだから、前半の失点は痛恨だった。
 
 ニュージーランド戦からガラリとメンバーを変えた影響もあって、流れるようなパスワークは数える程度。前半はとりわけ3人目の動き出しもあまりなく、スコア的にも内容的にも不十分だった。まるで組織的ではなかったハイチにどうにか追いついての引き分けとは……。先が思いやられる。

【個人採点・寸評】
GK
12 東口順昭 5
28分、エリア内に侵入してきたラフランスに対し、飛び出したが脇を抜かれ失点。2失点目は懸命なセーブも及ばず、ロングシュートを沈められて3失点と、散々な出来だった。
 
DF
3 昌子 源 5
縦パスをカットされ、1対1であっさりとかわされるなど、どこか不安定さが拭えず。吉田不在の最終ラインで、存在感を発揮できなかった。
 
5 長友佑都 5.5(HT OUT)
正確な左足クロスで倉田のゴールをお膳立て。攻撃面では縦への力強さを見せたが、自陣バイタルエリアでは寄せの甘さがあった。
 
20 槙野智章 5.5
ニュージーランド戦に続き、スタメン。大柄な相手にも空中戦で簡単に負けず。昌子との連係も問題なかったが、ハイチの圧力を撥ね返せなかった。
 
21 酒井高徳 5.5
イージーなミスはあったが、タイミングの良い攻撃参加で右サイドを活性化。消える時間帯もあったが、最後の最後で香川の同点弾に絡む。

【関連記事】
【セルジオ越後】厳しい内容の2連戦。マッチメイクは「ミス」ではなかったね
【釜本邦茂】NZ戦に続き…やっぱりシュートが下手! ハイチ戦は前半で5点取らなければ
金田喜稔がハイチ戦を斬る!「絶対に勝たなければいけない試合。なぜ“教訓”を生かせない」
空席が目立ったスタンド…「日本代表人気の低迷」を再び証明
「カガワが日本を救う」「スリリングな3-3」英専門誌が日本対ハイチ戦を詳報!
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24