【日本3-3ハイチ|採点&寸評】倉田や杉本あたりは及第点も、個人技に圧倒された守備陣は総じてマイナス評価に

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2017年10月10日

乾との好連係からハイチ守備陣を崩しにかかった香川真司。

59分からピッチに立った香川真司。最終盤に同点弾を決めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

交代出場
DF
24 車屋紳太郎 6(HT IN)
守備に気を使いながら積極的にオーバーラップを仕掛けた。後半アディショナルタイムには同点ゴールにつながるクロスを供給。代表デビュー戦ながらひと仕事こなした。
 
FW
8 原口元気 5(HT IN)
いつもの左ではなく右ウイングとしてプレーするも、なかなかボールが回って来ず。居心地が悪かったのか途中からは左ウイングにポジションを移した。81分には高速ドリブルで左サイドを突破。ただ、シュートは枠の上に外してしまった。

MF
2 井手口陽介 5.5(56分IN)
攻守によく走ったが、決定機的な仕事はできず。ダイナミックな攻め上がりで攻撃を活性化させ、果敢にミドルを狙った点は評価したいが……。
 
MF
10 香川真司 6(59分IN)
乾との好連係からハイチ守備陣を崩しにかかった。後半アディショナルタイムには酒井高のシュートに反応して貴重な同点ゴールを奪った。

FW
15 大迫勇也 5.5(64分IN)
安定感のあるポストプレーは相変わらず。ただし、点が欲しい状況でストライカーとしての役割は果たせなかった。

FW
9 武藤嘉紀 -(80分IN)
逆転を許した直後にピッチへ。何度かドリブル突破を試みるも、ゴールにはつながらなかった。

監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ 5
テスト色の濃い選手起用。選考という面ではそれなりに収穫があったはずだが、ゲームマネジメントはお粗末だった。

取材・文:白鳥和洋、広島由寛、本田健介(サッカーダイジェスト)

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【関連記事】
【セルジオ越後】厳しい内容の2連戦。マッチメイクは「ミス」ではなかったね
【釜本邦茂】NZ戦に続き…やっぱりシュートが下手! ハイチ戦は前半で5点取らなければ
金田喜稔がハイチ戦を斬る!「絶対に勝たなければいけない試合。なぜ“教訓”を生かせない」
空席が目立ったスタンド…「日本代表人気の低迷」を再び証明
「カガワが日本を救う」「スリリングな3-3」英専門誌が日本対ハイチ戦を詳報!
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ