【J1採点&寸評】甲府 0-0 鳥栖|互いにノーゴールに抑えた両GK、DF陣を高く評価。MOMはビッグセーブで魅せた岡

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府――よく言えばアグレッシブ、悪く言えばやや強引な攻めか。

【警告】甲府=なし 鳥栖=小林(29分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】岡 大生(甲府)

画像を見る

J1リーグ17節]甲府0-0鳥栖/7月2日(日)/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
3試合連続無失点、前節シュート2本の甲府はよく言えばアグレッシブ、悪く言うと強引な攻撃でシュート11本。しかし結果が出なかった。

【甲府|採点・寸評】
GK
23 岡 大生 6.5
ハイボール、クロスの捕球が今節も安定。52分の決定的なピンチは好セーブでチームを救った。
 
DF
5 新里 亮 6
試合に出続けるなかで余裕が芽生え、相手に対して先手を取った対応ができるようになっている。
 
3 畑尾大翔 6.5
位置取りが正確で、「これがFWに合えばピンチ」というボールをほぼ完全に弾き返していた。
 
6 エデル・リマ 6
33分のボールロストは酷かったが、俊足で自らのミスをカバー。旺盛な攻め上がりで状況の打開を図っていた。
 
16 松橋 優 5.5(75分OUT)
前半はサイドから押し込んでいたが、後半は小野と吉田の二枚でスペースを突かれて苦しんだ。
 
27 阿部翔平 5.5
安定感はあったが前に出る推進力を欠き、フィードやクロスもチャンスにつなげられなかった。
 
MF
15 兵働昭弘 5.5(65分OUT)
守備での抑えは効いていたが、攻撃では押し上げきれず、ミドルは1本あったが持ち味は出せなかった。
 
8 新井涼平 6
鳥栖の中盤だけでなくスライドでSBもケアするタスクをこなし、攻撃でも思い切りは出していた。
 
14 田中佑昌 5.5(82分OUT)
飛び出しを持ち味にする選手だが、今日は流れに乗れず、2トップのフォローも合っていなかった。

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24