【J1展望】神戸×FC東京|昨季12得点のFWに覚醒の気配!? 古巣との一戦で爆発なるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年05月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸――システムは4-3-3が有力か。

故障者/神戸=レアンドロ、藤田、田中英、 FC東京=平岡、柳
出場停止/神戸=なし FC東京=なし
U-20W杯による欠場者/神戸=藤谷 FC東京=久保、波多野

画像を見る

J1リーグ 第12節
ヴィッセル神戸-FC東京
5月20日(土)/19:00/ノエビアスタジアム神戸

 
ヴィッセル神戸
今季成績(11節終了時):8位 勝点19 6勝1分4敗 13得点・10失点
 
【最新チーム事情】
●前節の鹿島戦で5試合ぶりに勝利。
●主将の渡辺が鹿島戦で今季初得点。
●6月9日の国際親善試合で、韓国の大邱FC(@韓国)と対戦決定。

【担当記者の視点】
 システムは前節の鹿島戦で採用した4-3-3が有力か。アンカーを高橋秀が務め、その前に松下、ニウトンが並ぶ中盤の守備力には安定感が見られ、両ワイドとCFを軸とした攻撃もまずまずの出来だった。こうした事実を考えても、布陣をあえて変えるとは考えにくい。

 注目は前節の鹿島戦で今季初得点を挙げた渡邉のパフォーマンスだ。昨季に12得点を奪ったFWにようやくゴールが生まれたのはなにより朗報だろう。ここからさらに勢いを加速させる意味でも、この試合の出来は見物。2012年シーズンから2年在籍した古巣のFC東京を相手に再び結果を残せるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    4月20日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    観戦ガイド
    初心者も上級者も楽しめる
    デイリーガイド&選手名鑑!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24