【J1展望】神戸×FC東京|昨季12得点のFWに覚醒の気配!? 古巣との一戦で爆発なるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年05月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸――システムは4-3-3が有力か。

故障者/神戸=レアンドロ、藤田、田中英、 FC東京=平岡、柳
出場停止/神戸=なし FC東京=なし
U-20W杯による欠場者/神戸=藤谷 FC東京=久保、波多野

画像を見る

J1リーグ 第12節
ヴィッセル神戸-FC東京
5月20日(土)/19:00/ノエビアスタジアム神戸

 
ヴィッセル神戸
今季成績(11節終了時):8位 勝点19 6勝1分4敗 13得点・10失点
 
【最新チーム事情】
●前節の鹿島戦で5試合ぶりに勝利。
●主将の渡辺が鹿島戦で今季初得点。
●6月9日の国際親善試合で、韓国の大邱FC(@韓国)と対戦決定。

【担当記者の視点】
 システムは前節の鹿島戦で採用した4-3-3が有力か。アンカーを高橋秀が務め、その前に松下、ニウトンが並ぶ中盤の守備力には安定感が見られ、両ワイドとCFを軸とした攻撃もまずまずの出来だった。こうした事実を考えても、布陣をあえて変えるとは考えにくい。

 注目は前節の鹿島戦で今季初得点を挙げた渡邉のパフォーマンスだ。昨季に12得点を奪ったFWにようやくゴールが生まれたのはなにより朗報だろう。ここからさらに勢いを加速させる意味でも、この試合の出来は見物。2012年シーズンから2年在籍した古巣のFC東京を相手に再び結果を残せるか。
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島×神戸|今季初ゴールの渡邉は『6.5』。このFW以上に輝いたのは中盤の…
【J1採点&寸評】FC東京×柏|クリスティアーノと伊東が柏の攻撃陣を牽引。ただ、チームに落ち着きをもたらした最大の功労者は…
【FC東京】なぜ先行されると勝てない? GK林が吐露した「チームとして化けるために必要なこと」とは…
【FC東京】東京五輪世代の有望株が戦線離脱。クラブ発表の「症状」は?
“天才”が“天才”を語る。久保建英と小野伸二は互いのプレーをどう評価したのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24