【日本代表】1トップの南野拓実は攻守の両局面で存在感「楽しくプレーできた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月14日

決勝点を挙げた南野は守備でも精力的にプレー。3-4-2-1システムは「やりやすさを感じた」と振り返る。写真:龍フェルケル

< 記事を読む

【関連記事】
【パナマ戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「素晴らしいボールが来て…」久保建英がPK獲得につながった好パスを振り返る
「攻撃で上手くいった部分はある」“10番”南野拓実は一定の手応えも、次戦は「もっとタフなゲームになる」
森保ジャパン、南野拓実の代表12ゴール目でパナマに1-0の勝利! オーストリア遠征の初戦は白星スタート!
「後半、全員別人だわ」「遠藤、ドイツで覚醒したなあ」森保ジャパンの勝利にファン大喜び! しかし物足りなさも…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら