「攻撃で上手くいった部分はある」“10番”南野拓実は一定の手応えも、次戦は「もっとタフなゲームになる」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月14日

後半から遠藤航投入で攻撃にリズム

PKからゴールを奪った南野。写真:龍フェルケル

画像を見る

 日本代表は11月13日に、オーストリアにてパナマ代表との国際親善試合を実施。1-0で勝利を収めた。

 先発メンバーには、今回が代表復帰となった長友佑都、橋本拳人や、注目の久保建英も名を連ねたこの一戦。序盤から日本が積極的に攻勢をかけ、2分にはFKからキッカー久保のクロスにゴール前で橋本がヘッド合わせるも、シュートはGKの正面に飛ぶ。

 しかし、その後は相手の激しいプレッシャーに苦戦し思うようにパスがつながらず。徐々に相手に押し込まれる場面も増え、攻撃の形を作り切ることができない。前半はスコアレスで折り返す。
 
 後半に入るとドイツで存在感を高める遠藤航を投入。これが功を奏し、攻撃にリズムが生まれ出す。そして試合が動いたのは61分。久保のスルーパスに反応した南野拓実がペナルティエリア内で相手に倒され、PKを獲得する。これを南野自らがキッカーを務め、グラウンダーでゴール中央に沈めた。

 先制で勢いに乗った日本はここから攻勢の時間帯が続く。ただ、追加点を奪うまでには至らない。71分には浅野拓磨と鎌田大地をピッチに送り込み、打開にかかる。

 90分にはビッグチャンス。鎌田のパスから三好康児が完全に抜け出し、GKと1対1の場面を迎えるが、シュートをGKの足に当ててしまう。

 結局試合は1-0で終了。“10番”南野のゴールを守り切った日本が2020年2勝目を上げた。

 試合後、この日唯一のゴールを奪った南野は「流れの中からのチャンスは今日いくつもあったし、それが結果的にはPKでゴールに繋がって良かった」とコメント。一定の手応えを示した。

 そして18日に行なう、ワールドカップ決勝トーナメント常連で、FIFAランキングも11位と格上のメキシコ戦に向けては、「攻撃で上手くいった部分はあるので、それを次に生かしていきたいと思うし、メキシコ戦はもっとタフなゲームになると思うので、しっかりいい準備をしたい」と気を引き締めた。

 決定力不足という課題もありながらも、守備陣は身体を張ったディフェンスで無失点に抑え、白星をもぎ取った森保ジャパン。今回出た課題はしっかりと見つめなおしつつ、良い部分は継続し、次戦の“大一番”に臨みたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ