「素晴らしいボールが来て…」久保建英がPK獲得につながった好パスを振り返る

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月14日

「しっかり気持ちを高めながらできた」

好パスで得点に絡んだ久保。しっかりとアピールできたと言えるだろう。写真:龍フェルケル

画像を見る

 11月13日、日本代表がオーストリアのグラーツでパナマ代表との強化試合を実施。試合は1対0で日本代表が勝利した。

 スコアが動いたのは61分。裏へ抜け出した南野拓実がGKに倒されてPKを獲得。南野自らがPKを決めて、それが決勝点となった。PKを獲得した南野の動き出しも良かったが、その動きに合わせて左足のアウトサイドで好パスを出した久保建英も称えられるべきだろう。

 試合後、テレビのフラッシュインタビューに答えた久保は、そのシーンをこう語る。

「遠藤(航)選手から自分が受けたい位置に素晴らしいボールが来て。あとは前を向いて南野選手の良い動き出しがあったので、パスを出すだけでした」
 
 先発でしっかりと得点に絡むことができたのは、好感触を掴めたに違いない。久保本人も「(スタメンでも)スタメンじゃなくても準備することは変わらないですけど、(スタートからのほうが)試合時間は長くなりますし、しっかり気持ちを高めながらできた」と満足気に今日の試合を振り返った。

 17日のメキシコ代表との一戦へ向けては「(コートジボワール戦続いて)2試合連続で、勝てているので、(次も)しっかり勝っていければいいなと思います」と抱負を語った久保。FIFAランキング11位の強豪相手に爪痕を残すことができるか注目したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ