森保ジャパン、南野拓実の代表12ゴール目でパナマに1-0の勝利! オーストリア遠征の初戦は白星スタート!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月14日

前半とは打って変わって後半は攻撃陣が躍動

南野がPKをしっかりと決め、森保ジャパンがオーストリア遠征初戦で白星を飾った。写真:龍フェルケル

画像を見る

 日本代表は11月13日に、オーストリアにてパナマ代表との国際親善試合を実施。試合は南野拓実がPKをモノにし、日本が1-0で勝利を挙げた。

 両国が対戦するのはこれで2回目。前回は2018年に行なわれたキリンチャレンジカップで、3-0で日本が勝利している。先発メンバーには、今回が代表復帰となった長友佑都、橋本拳人や、注目の久保建英もスタメン入りを果たしている。

 試合は序盤から日本が積極的に攻勢に出る。2分に右サイドで裏を狙った室屋成が倒されFKを獲得。キッカーの久保のクロスにゴール前で橋本がヘッド合わせるも、このシュートは惜しくもGKの正面を突いた。

 立ち上がりこそペースを握ったかに見えた日本だったが、最終ラインから丁寧にパスを繋いでビルドアップしてくるパナマに徐々に押し込まれる時間が増える。11分、13分とペナルティエリア手前から強烈なシュートを放たれるも、権田修一がしっかりとセーブし事なきを得る。

 その後も、相手の激しいプレッシャーに苦戦し、思うようにパスがつながらない。日本は時間とともにトーンダウンし、スコアレスで前半を折り返す。
 
 後半も頭からパナマに主導権を握られる。アタッキングサードで再三に渡りセカンドボールを回収され危険なシーンを作られるも、長友佑都や板倉滉が身体を張ってシュートをブロックし、得点を許さない。

 主導権を奪い返したい日本は、南野が果敢に裏へ飛び出してビッグチャンスを演出する。54分に、ペナルティエリア右からの南野の折り返しに、逆サイドにフリーで走り込んでいた長友がダイレクトで合わせるも、シュートは惜しくもクロスバーの上へ。

 試合が動いたのは61分。後半頭から投入された遠藤航を起点に攻撃を組み立てると、最後は久保の縦パスに抜け出た南野がゴール前でGKに倒されPKを獲得。これを南野が自ら右足でゴール中央に突き刺し、待望の先制点を挙げる。南野は代表12ゴール目となった。

 この得点でさらに勢いに乗った日本は追加点こそならなかったものの、65分に正確なビルドアップから原口元気が、72分には相手のクリアボールを拾った板倉が積極的にシュートを放つなど、何度も好機を創出する。

 前半とは打って変わってリズムを取り戻し、攻勢を強めた日本だったが、先制後はスコアを動かせず。森保ジャパンはパナマに1-0で勝利し、オーストリア遠征初戦で白星スタートを切った。

 次戦、森保ジャパンは中3日の17日に、FIFAランク11位のメキシコ代表と対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ