中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年01月10日

「衝撃を受けたのが内舘さん。正直、浦和への入団が決まるまで知らなかった……」

08年まで13シーズン在籍した内舘(左)。J通算220試合出場を数え、守備のポリバレントとして一時代を支えた。 写真:サッカーダイジェスト 

画像を見る

 数々の選手と出会い、そして数々の選手と対戦してきた。そのなかでも「衝撃」を受けたのは、一体誰だったのか。
 
 鈴木は「上手かった選手を挙げればきりがありませんが……」と語ったあと、次のように続けた。
 
「衝撃を受けたのが、内舘(秀樹)さん(現・浦和ジュニアユースコーチ)。正直、浦和への入団が決まるまで、内館さんのことは知らなかったんです……。鹿児島の指宿キャンプでボール回しをしたんです。
 
 若かったし『絶対に負けない』という気持ちだったけど、内舘さんはひとつのトラップで状況を変えてしまった。プロの凄さを見せ付けられました。自分はまだまだだと実感させられました。とても思い出に残っています。
 
 中村俊輔選手、遠藤選手、小野伸二選手……衝撃を受けた選手はたくさんいます。
 
 ただ、『これぐらいできなければ、やっていくのは難しいよ』と、内舘さんからプロの世界の厳しさを思い知らされた瞬間でした」
 
 内舘は96年から08年まで、鈴木と同じく浦和ひと筋でプレーした「守備の職人」。確かにそのDNAを引き継ぐかのように、鈴木のプレーには内舘の“面影”も残っていた。鈴木にとっては、今でも最も変わらず偉大な存在だ。
 
 そして記者会見の最後、2016年のシーズンを迎える浦和の選手たちに向けて、鈴木は次のようなメッセージを送った。
 
「一生懸命、走ってください(笑)。でも、もう選手に対して、なにかを言える立場にはないと思っている。厳しい1年になるが、悔いなく戦ってもらいたい。ひとりのファン、サポーターとして、タイトルを獲ってほしい。その期待に応えられるだけの力を養ってきたはずなので、『今シーズン優勝してください』と。今言えるのは、それだけです」
 

16年間浦和ひと筋でプレーした鈴木。引退後も「浦和とはずっと関わっていきたい」と語った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ