中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年01月10日

「最も印象に残っている試合は、2011年のホームとアウェーの福岡戦」。

11年に決めたのは1ゴールのみ。ただ、その1点は浦和をJ1残留に導く重要な意味を持つものだった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る


 それは意外と言えるカードだった。

「チャンピオンになった試合は、大きな達成感があった。ただ、個人的には、2011年のホームとアウェーの福岡を挙げたい。(シーズン終盤に)J1残留が掛かり、僕はキャプテンも務めていて苦しいシーズンだった。
 
 ホームの福岡戦は、『この試合で勝たないと本当にまずい』という緊張感に包まれたなか、ゴールを決めて、3-0で勝つことができた。
 
 残り2試合で迎えたアウェーの一戦は、さらに難しい状況になっていた。『このクラブをJ2に落とすわけにはいかない』という強い気持ちで臨み、先制点を与える苦しい展開になったけれど、逆転できた(33節、柏木、マルシオ・リシャルデスのゴールで2-1の逆転勝利を収め、得失点差などから事実上の残留が決定した)」
 
 彼は「自分のなかではACL決勝よりも大きな試合だった」と言う。そんな言葉からも、鈴木がクラブの“責任”ともいえる部分を背負っていたことが伝わってきた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ