• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】徳島2-2清水|MOMは2得点に絡んだ原輝綺! ミドルシュートを突き刺した渡井&小西も高評価

【J1採点&寸評】徳島2-2清水|MOMは2得点に絡んだ原輝綺! ミドルシュートを突き刺した渡井&小西も高評価

カテゴリ:Jリーグ

岡本浩行

2021年07月12日

清水――片山がロングスローからチャンスを創出

7 片山瑛一 6
開始2分、左サイドからのロングスローをゴール前へ放り込み、原の先制ゴールを演出した。64分には、原のクロスからこぼれたボールに左足を振り抜き、徳島ゴールに迫った。

10 カルリーニョス・ジュニオ 6(77分OUT)
終始守備的な位置でのプレーを余儀なくされたが、ボール奪取時には前線まで運んでシュートまで放っていた。

FW
23 鈴木唯人 5.5(90+2分OUT)

FWとしての仕事をほとんどさせてもらえず、交代するまでの時間、自陣での守備に追われていた。

9 チアゴ・サンタナ 6.5(82分OUT)
短いボールキープの時間からも、最前線でシュートまで持っていく技術は流石の一言。21分にはカルリーニョス・ジュニオとのパス交換で、ゴール前でシュートを放った。
 
交代出場
FW
19 ディサロ燦シルヴァーノ 5.5(77分IN)

入ってしばらくの間は高い位置でのディフェンスを積極的にして攻めの姿勢を見せていたが、徳島の攻勢が続き、最後まで自陣での守備に追われた。

FW
27 指宿洋史 ― (82分IN)

83分、権田のロングフィードに高さを生かしてボールをキープし、そのまま一人で枠内へのシュートを放ったが、上福元の好セーブに阻まれる。

MF
17 河井陽介 ―(90+2分IN)

相手に押し込まれたなかクローザーとして投入される。出場時間が短いため、採点はなし。

監督
ロティーナ 6

ポゼッションに勝る徳島に対して、守備のシステムを巧みに操って徳島を苦しめた。内容を考えると勝点1でも満足だっただろう。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●岡本浩行
 
【関連記事】
【ホンジュラス戦のスタメン予想】注目は2列目のレフティトリオ。1トップは“3番手男”がアピールを狙う
五輪“最強ボランチ陣”に穴はないか?「決勝まで出続ける姿を…」遠藤航の決意の裏側に潜む一抹の不安
金メダル狙うU-24日本代表の予想スタメン、鍵を握る重要人物は? プロ分析官が五輪男子サッカーを展望!
ACLのベスト16対戦カードが決定! Jリーグ3クラブの対戦相手はすべて韓国勢。川崎は蔚山とGS全勝チーム対決
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ