• トップ
  • ニュース一覧
  • 【クラシコ採点&寸評】R・マドリー2-1バルセロナ|華麗なヒール弾の主砲をMOMに!ウイング起用が大当たりのMFも最高評価

【クラシコ採点&寸評】R・マドリー2-1バルセロナ|華麗なヒール弾の主砲をMOMに!ウイング起用が大当たりのMFも最高評価

カテゴリ:メガクラブ

下村正幸・江國森

2021年04月11日

バルセロナ――

攻撃を牽引したものの、またもクラシコで無得点に終わったメッシ。(C) Getty Images

画像を見る

[FW]
11 ウスマンヌ・デンベレ 5(81分OUT)

9番としてプレーした前半は、ナチョ、ミリトン、メンディの相手DFに完全に封じ込まれた。サイドに回った後半は、いくらか良くはなったが、違いを作る存在とはなれず。33分の絶好機でボールをミートできないなどイレギュラーな悪い面が際立つ形に。

[交代選手]
DF
20 セルジ・ロベルト 6(64分IN)

故障明けだったが、ブランクを感じさせず、攻守両面でチームを活性化。相手の左サイドの攻撃を封じ、中盤で数的優位を作ろうと奮闘した。

MF
27 イライシュ・モリバ 6.5(72分IN)

持ち前の推進力を発揮してゴール前に飛び出し、20分余りの出場時間でロスタイムのクロスバー直撃を含めて、3本の惜しいシュートを放った。緊迫した場面で、物おじせずにプレーできる強心臓は特筆に値。
 

FW
7 アントワーヌ・グリエーズマン 5.5(HT IN)

絶妙なスルーでミンゲサの得点を演出。ただその後は相手に脅威を与える存在とはなれず。インテリジェンスや献身性は光るが、求められるのはもっと決定的な働きだ。

9 マーティン・ブライトワイト 5.5(81分IN)
前線のかき回し役として投入されたが、最も目立ったのが、メンディと接触があったかどうかわからないプレーでPKを誘おうとした場面。そのほかは存在感が皆無だった。

17 フランシスコ・トリンカン ―(81分IN)
サイドの攻撃を活性化するために投入されたが、ボールをタッチしたのは1度だけだった。

[監督]
ロナルド・クーマン 5.5

DFラインを高く設定し勇敢に戦おうとしたが、ソリッドなマドリーを前には通用しなかった。中盤の攻防戦でイニシアチブを握られたことが敗因となったことを考えると、イライシュ・モリバをもう少し早い時間帯に投入してもよかった。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

文●下村正幸
 
【関連記事】
「あれはPKだ。VARがいるのに…」クラシコで痛恨黒星のクーマン、判定に怒り! ジダンは反論「ピッチでマドリーが勝った」
「意味不明だ、許せない!」久保建英、まさかの早期交代に辛辣批判!「誰か説明してくれ」
「タケはとても良かった。だが…」なぜ久保建英を51分で下げたのか? ヘタフェ指揮官が理由を明かす
「お前はニンニク臭い」“韓国の英雄”アン・ジョンファンが同僚マテラッツィから受けた人種差別を激白「子どもみたいな奴だった」
「セリエAで多くのゴールを決めるのが夢」鈴木優磨はステップアップを熱望! ベルギー紙が“今夏移籍の可能性”を報じる

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ