「あれはPKだ。VARがいるのに…」クラシコで痛恨黒星のクーマン、判定に怒り! ジダンは反論「ピッチでマドリーが勝った」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月11日

「攻守ともに良くなかった」と認めつつ…

試合後に主審に食って掛かるクーマン(左端)。(C) Getty Images

画像を見る

 宿敵に屈し、暫定首位浮上の機会を逸し、逆に3位に転落した。バルセロナにとって、4月10日のラ・リーガ第30節でレアル・マドリーに敵地で1-2と敗れた痛手は大きい。

 ロナルド・クーマン監督は、フェルラン・メンディにマーティン・ブライトワイトが倒された場面でPKが与えられなかったことに不満を表した。米スポーツチャンネル『ESPN』によると、クーマンは『Movistar』で「みんな試合を見た。バルサファンなら怒っている。いくつか判定に不満だ」と述べた。

「まず、前半のわれわれが攻守ともに良くなかったことは言っておきたい。後半は良くなった。わたしが求めているのは、審判たちに正しいジャッジをしてほしいということだけだ。あれはPKだよ。それに、VARとの(コミュニケーションの)問題で3分かかったのに、アディショナルタイムが4分だけだった。ただ、明白だったのはPKだ。主審、副審、VARといるのに…」

 試合後の会見でも、「そのことは話したくない」としたうえで、クーマンは「PKのような明白な問題があったというのがわたしの意見だ。みんな見たはずだよ」と話している。

「だからこそ、VARがあるんじゃないか。こういう状況で審判たちを助けるためにね」

【関連画像】PKになるべき? 物議を醸している問題のシーンはこちら
 
 これに対し、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は「それぞれの感情がある。審判がPKにしなかったのは、PKじゃなかったからだ。アディショナルタイムを決めるのも審判だ。大事なのは、われわれがピッチでやったことだよ」と語った。

「われわれは多くの得点チャンスをつくった。バルセロナは本当に良いチームだ。試合前は彼らの順位が上だったから、われわれは喜べるね。判定だけの問題とは言えない。ピッチでわれわれが勝利したんだ」

 リーガは暫定ながら66ポイントでマドリーとアトレティコ・マドリーが並び、1差でバルセロナが追う展開。アトレティコは11日にベティス戦に臨む。3強による激しいタイトルレースは、最後まで目が離せなくなりそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】雨中の激闘!クラシコのハイライトはこちら
 
【関連記事】
【クラシコ採点&寸評】R・マドリー2-1バルセロナ|華麗なヒール弾の主砲をMOMに!ウイング起用が大当たりのMFも最高評価
「意味不明だ、許せない!」久保建英、まさかの早期交代に辛辣批判!「誰か説明してくれ」
「タケはとても良かった。だが…」なぜ久保建英を51分で下げたのか? ヘタフェ指揮官が理由を明かす
「お前はニンニク臭い」“韓国の英雄”アン・ジョンファンが同僚マテラッツィから受けた人種差別を激白「子どもみたいな奴だった」
「久保建英はジダンの手に負えない」マドリーの“才能潰し”を現地メディアが糾弾!「他とは違う才能があるのに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ