【J1採点&寸評】鹿島2-1横浜|MOMはプロ初ゴールが劇的な決勝弾となった上田綺世!横浜は序盤の失点と退場が響く結果に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月11日

横浜――仲川輝人は今季9点目を挙げたが…

仲川の今季9点目となるヘディング弾で一時は追いついた横浜だったが…。写真:徳原隆元

画像を見る

MF 
9 マルコス・ジュニオール 5.5 (82分OUT)
巧みなドリブルとパスで相手守備陣を翻弄する場面もあったが、厳しいプレッシャーに苛立つ仕草も散見された。

FW
23 仲川輝人 6.5

前半からキレのあるドリブル突破でチャンスを作り出すと、1点ビハインドで迎えた後半に今季9得点目となるヘディング弾。

7 大津祐樹 5.5(65分OUT)
3トップ中央でスタートし、後半からは右ウイングへ。複数ポジションをこなす貴重な人材だが、パンチ力に欠けるのも事実。
 
11 遠藤渓太 5.5
スピードを生かした独力で局面を打開できるのは貴重。あとはシュートとラストパスの精度をさらに磨いていきたい。
 
交代出場
MF
41 三好康児 6(65分IN)

トップ下に入り、M・ジュニオールとのコンビで惜しい場面を作り出す。一方、簡単にボールを失うシーンもあった。

DF
15 伊藤槙人 -(82分IN)

扇原退場後に投入され、3バック中央に入って守備を固めるのにひと役買った。しかし急造布陣はスムーズさを欠いた。
 
MF
19 中川風希 - (90分IN)

中盤で上手さを見せたが結果を求めるにはあまりにも時間が短すぎた。もっと長い時間プレーを見たい選手だ。
 
監督
アンジェ・ポステコグルー 4

数的不利で難しい状況とはいえ、詳細を詰めていないシステム変更は愚策だろう。大事な場面で勝負弱さを露呈してしまった。

【鹿島 2-1 横浜 PHOTO】終盤に上田が決勝点。鹿島が横浜の上位対決に勝利

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ