【J1採点&寸評】鹿島2-1横浜|MOMはプロ初ゴールが劇的な決勝弾となった上田綺世!横浜は序盤の失点と退場が響く結果に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月11日

鹿島――新加入DF小泉慶は初出場でもサッカー偏差値の高さを示しフィット

【警告】鹿島=クォン・スンテ(69分) 横浜=扇原(30分・77分)
【退場】鹿島=なし 横浜=扇原(77分)
【MAN OF THE MATCH】上田綺世(鹿島)

画像を見る

[J1リーグ22節]鹿島2-1横浜/8月10日(土)/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5

開始早々の先制点は狙い通りだろう。その後は横浜に主導権を握られ、際どい判定でリズムを崩したこともあって一時は同点に追いつかれた。しかし、途中出場の上田が値千金の決勝ゴール。横浜を上回り、2位に浮上した。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6

危ないバックパスはシンプルなロングキックでリスクを避ける。クロスボールをパンチングする判断も良かった。
 
DF
37 小泉 慶 6.5

粘着性あるボール奪取から、マイボール時は自身も前へ。加入後初出場ながらサッカー偏差値の高さを随所に見せた。
 
27 ブエノ 6
前で潰す意識を強く持った守備で存在感。ディフェンスラインのバランスを崩すこともあったが持ち味は出した。
 
39 犬飼智也 6
ブエノの後方をカバーしながら最終ラインを押し上げた。この日は直接的な守備よりも危機管理が主な仕事だった。
 
26 小池裕太 5.5
積極的なオーバーラップは評価できるが、すべての面でプレー精度に問題を抱えていた。守備でも仲川に対して後手を踏む。

MF
20 三竿健斗 6.5

プレッシャーを受けた時でもフィジカルの強さを生かして局面を打開する。さらには精度の高いパスで決勝点の起点に。
 
30 名古新太郎 6(81分OUT)
相手の攻撃を防いでからのカウンター時に存在感。軽やかなステップでプレスをかわし、モビリティを生かして前へ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ