【J1採点&寸評】鹿島2-1横浜|MOMはプロ初ゴールが劇的な決勝弾となった上田綺世!横浜は序盤の失点と退場が響く結果に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月11日

鹿島――上田、相馬が途中出場で流れを変える活躍

上田のプロ初ゴールは劇的な決勝弾となった。写真:徳原隆元

画像を見る

MF 
18 セルジーニョ 6.5
開始1分経たないうちの先制ゴールは得意の左足によって生まれる。しかしその後は惜しい場面の連続にとどまる。
 
41 白崎凌兵 6 (93分OUT)
スキルフルなプレーが目立つが、攻撃だけの選手ではない。後方の小池が苦しいと見るや自陣まで戻ってフォローに回る。
 
FW
15 伊藤 翔 5.5 (73分OUT)

チャンスの場面でボールを呼び込む動作が足りず無得点。相手の最終ラインの背後を取った場面もラストパス精度を欠く。
 
8 土居聖真 6
ゴール前でこぼれ球を詰めたゴールは審判団の裁定によって幻となって消えた。しかしその後に見事なアシスト。
 
交代出場
MAN OF THE MATCH
FW
36 上田綺世 7 (73分IN)

念願のプロ初ゴールは劇的な決勝弾となった。数的優位の状況で抜け目なく相手ゴール前に入り、きっちりボールをミート。
 
47 相馬勇紀 - (81分IN)
得点に絡まずともチームに勢いをもたらすドリブル突破は特筆もの。短い時間の中でも確かな存在感を発揮した。
 
MF
6 永木亮太 - (90+3分IN)

終了間際にクローザー役として投入され、しっかりと役目を果たして勝点3をつかみ取る。

監督
大岩 剛 6

判定に苦しむもチームの地力を引き出して勝点3奪取。上田、相馬といったジョーカーがいるのは監督にとっても心強い。

【上田綺世 PHOTO】決めたJ初ゴール!チームを劇的勝利へと導く

【鹿島 2-1 横浜 PHOTO】終盤に上田が決勝点。鹿島が横浜の上位対決に勝利

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ