【J1経営情報ランキング】ポドルスキ獲得で神戸の人件費は?浦和が史上最高収益を記録した要因は?入場料収入の増減にも明暗が…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月01日

チーム人件費――前年比プラス10億円の人件費は、やはりあの超大物助っ人の獲得に?

昨年、ポドルスキを獲得して大きな話題を呼んだ神戸は今年、イニエスタを獲得。来年度のチーム人件費はいかほどに? 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

■2017年度 J1チーム人件費ランキング
1位 神戸 31億400万円(+10億3600万円)
2位 浦和 26億4400万円(+2億6300万円)
3位 鹿島 23億8200万円(+4億5300万円)
4位 川崎 23億3900万円(+6億9600万円)
5位 C大阪 23億3400万円(+8億4000万円)
6位 柏  23億800万円(+5億5500万円)
7位 G大阪 22億1200万円(+3億1200万円)
8位 横浜 21億1800万円(+1億5200万円)
9位 FC東京 20億1000万円(-1500万円)
10位 鳥栖 18億9900万円(+4億2300万円)
11位 大宮 17億9200万円(+3億8100万円)
12位 清水 16億8000万円(+2億700万円)
13位 広島 16億200万円(+4900万円)
14位 磐田 15億5300万円(+1億7500万円)
15位 新潟 12億2700万円(+700万円)
16位 札幌 12億600万円(+5億300万円)
17位 仙台 11億6500万円(-2200万円)
18位 甲府 8億8300万円(+1億4700万円)
※( )内は前年比
 
 チーム人件費では、神戸が前年より10億3600万円もの増加で約31億円と断トツのトップに。移籍金約3億円超、年俸6億円(いずれも推定)と言われる元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキを獲得するべく、増額された結果と言っても過言ではないだろう。今季は、さらにスペイン代表のアンドレス・イニエスタを獲得しており、来年度の人件費トップも神戸でほぼ決まりだろう。その金額たるや、いったいいくらになるのだろうか…。
 
 一方で、下位に目を向けると、人件費14位のジュビロ磐田がリーグ戦では6位と健闘。また、人件費16位の北海道コンサドーレ札幌がリーグ11位、人件費17位のベガルタ仙台もリーグ12位に食い込み、今季はともにここまで、順位がひと桁台。コストパフォーマンスの良さが窺える結果だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ