泣くことすらできない病… 森﨑浩司の凄絶なサッカー人生に恩師ミシャはどう寄り添ったのか?

カテゴリ:Jリーグ

中野和也

2016年10月26日

「泣けるというのは素晴らしいんですよ」

「(病気の影響で)泣くことすらできなかった時もあった」と語った浩司。栄光を勝ち取った一方で、病との闘いでもあったサッカー人生を振り返った。写真:中野香代(紫熊倶楽部)

画像を見る

 10月24日、広島市内のホテルでクラブ史上初となる引退記者会見に臨んだ偉大なる7番の表情は実に晴れやかだった。森保監督が「本当によく頑張った」と嘆息するほど辛いサッカー人生を走りきった男は、「悔いはありません」と言い切った。
 
「広島のために選手としてではなく、違う形で貢献したい」と会見で語ったように、これからも彼の頑張りが広島で見られる可能性もある。ただ、今は未来のことを語るよりもまず、心身をゆっくりと休めてほしい。サッカーのことを忘れ、開放感に包まれながら、家族との時間を過ごしてほしい。それだけの資格が、森﨑浩司にはある。
 
「10月29日のホームラストマッチでのセレモニー、きっと涙をこらえられない。今からもう、泣いている人もいるからね」
 
 こんな言葉を投げかけると、7番は穏やかにこう言った。
 
「泣けるというのは素晴らしいんですよ。僕には、(病気のために)泣くことすらできない時期があったから」
 
 こんな凄絶な人生を戦ってきた男の引退に、精一杯の拍手を。
 
取材・文:中野和也(紫熊倶楽部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ