中野和也 新着記事

【広島】兄のゴールにも「なんか、むかつく」。浅野雄也が抱く拓磨へのライバル心

 タクマとユウヤは、走り方が違う。  森崎和幸と森崎浩司は特長のある走り方で、言葉どおりの瓜ふたつ。普通に走っている姿を見たら、まったく見分けがつかない。しかし、浅野家の三男・拓磨(現パルチザン... 続きを読む

【ACL展望】広島×広州恒大|引き分け以上でGS突破の大一番!思い返すべき14年の苦い記憶は…

ACLグループステージ第5戦サンフレッチェ広島-広州恒大5月8日(水)/19:00/広島広域公園陸上競技場 サンフレッチェ広島今季成績(グループF):1位 勝点9 3勝0分1敗 5得点・3失点【最... 続きを読む

【ACL展望】広島×大邱FC|リーグ5戦連続無失点の堅守! 大邱の強力攻撃陣を抑え込めるか

ACLグループステージ第3戦サンフレッチェ広島 - 大邱FC4月10日(水)/19:00/広島広域公園陸上競技場 サンフレッチェ広島ACL成績:3位 勝点3 1勝0分1敗 2得点・3失点 【最新チーム事... 続きを読む

【広島】川辺駿の成長が凝縮された松本戦のワンシーン。進化を促した森﨑和幸との秘話

 松本山雅FCの最終ラインがポンポンとリズムよくパスを回す。サンフレッチェ広島もしっかりとボジションをとって対応していたのだが、ボールを奪うには至らない。 広島の守備は、かつてのペトロヴィッチ・... 続きを読む

【ACL展望】広島×メルボルン・V|本田圭佑を迎え撃つ大一番!グループ突破に向けて求められるのは勝利だけ

ACLグループステージ2節サンフレッチェ広島-メルボルン・ヴィクトリー3月12日(火)/19:00/広島広域公園陸上競技場 サンフレッチェ広島今季成績(J1):7位 勝点5 1勝2分0敗 2得点・... 続きを読む

【ACL展望】広島×チェンライ・U|パトリックはベンチスタートか。若手主体の大胆布陣で本戦切符を勝ち獲る!

ACLプレーオフサンフレッチェ広島-チェンライ・ユナイテッド2月19日(火)/19:00/広島広域公園陸上競技場 サンフレッチェ広島2018年成績(J1):2位 勝点57 17勝6分11敗 47得... 続きを読む

クラブW杯決勝の大一番へ! 超攻撃的DF、塩谷司が持つ異色の才能と“移籍金”エピソード

 久しぶりに出会った塩谷司は、左腕を吊っていた。左鎖関節脱臼。全治2か月とUAEのドクターには診断されたが「俺は6週間でいけると思うんですよね」と彼は笑った。  再会した日は“昨年の&... 続きを読む

生き地獄の症状から5回の復帰。森﨑和幸の壮絶な闘病生活を支えた「最大の力」とは何だったのか?

 どれだけ言葉を並べても、どれだけ事象を書き出したとしても、森﨑和幸の凄さは表現しづらい。J1リーグ最終節の対札幌戦、現役最後の試合での森﨑のプレーに対し、広島・城福浩監督は「エクセレント」と絶... 続きを読む

名手に磨かれた川辺駿、点取り屋の資質を示したタイ代表FW… 広島の新戦力が指揮官を唸らせる!

 前半13分間はムアントンで、後半45分間は広島で。「Jリーグアジアチャレンジinバンコク」広島対ムアントン戦は、タイの英雄・ティーラシンの壮行試合という感の強いゲームとなった。  ただ、そういう... 続きを読む

【広島】新加入の工藤壮人に、P・ウタカの代役は務まるのか?

 キャンプのスタートから突出した切れを見せつける柏好文から、フワリとしたクロスが上がった。ストライカーはフリーになった。ヘッド! 決めたのは工藤壮人。広島移籍後初の対外試合ゴールだ。  相手がJ3... 続きを読む

「いつか浩司さんのような選手に」同じ想いを持つ青山と柏木は去りゆく男の苦闘と凄みに何を感じたか

 ポロポロ、ポロポロ。  青山敏弘は、泣いた。泣き続けた。森﨑浩司が「俺、引退するわ」とさりげなく言葉をかけた、その直後からだ。 「どうして、あれほどショックを受けたのか」 心の奥底の声を聞いてみる... 続きを読む

泣くことすらできない病… 森﨑浩司の凄絶なサッカー人生に恩師ミシャはどう寄り添ったのか?

 恩師は、こみ上げる感情をこらえていた。言葉を発しては下を向き、唇を噛みしめ、身体は震えていた。かつての教え子であり「息子」と呼んでいる森﨑浩司の現役引退について語るミハイロ・ペトロヴィッチは、... 続きを読む

アーセナル移籍の舞台裏――浅野が広島を離れる決断をした理由

 アウクスブルクとの移籍交渉は進んでいた。海外移籍の交渉事は並大抵ではいかないが、一つひとつ階段を登ろうとしていたその時に、驚きの連絡が足立修強化部長(広島)のもとへ届いた。 「アーセナルが、浅野... 続きを読む

【広島】疲労の蓄積から仙台戦で大量失点も…20歳の浅野が放った輝き

 オウンゴール、パスミス、セットプレーのまずい守備、そしてカウンターへの不備――。  2月18日に行なわれた仙台との練習試合。「こうなれば失点する」というパターンをいくつも積み重ね、広島は自滅した。... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ