森﨑浩司が兄・和幸に送った最大の賛辞――「お前には全然追いつけなかった。昔も今も最高の選手は…」|引退セレモニー全文

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年10月29日

「もうピッチに戻ることはできないのではと思ったことは、一度や二度ではありません」

ユース時代も含めれば、広島一筋20年。偉大なバンディエラがスパイクを脱ぐ。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 今季限りので引退を発表している広島の森﨑浩司が、16節・福岡戦の試合後に引退セレモニーを行なった。

 2度のJ2降格や3度のJ1優勝、そして自身を襲った怪我や体調不良――。様々な思いが交錯し、涙ながらに言葉を紡いだレフティは、「普段は照れくさくて、なかなか直接は言いづらいので、この場を借りて言わせてください」と兄・和幸への想いも打ち明けた。

 ここでは、そのセレモニーでのコメント全文をお届けする。

―――◆―――◆―――◆―――

 今シーズン初めて先発で出たので体力的にも精神的にもすごく疲れているので、紙にメモしてきたことを読み上げたいと思います。
 
 今日は僕、森﨑浩司のために、このような場を設けていただきありがとうございます。こんなにもたくさんのサポーターに見届けてもらえるという最高の雰囲気のなか、自分自身にとって最後のホーム最終戦を迎えられ、本当に僕は幸せ者だとしみじみと感じています。
 
 広島で生まれ育ち、ユースの頃から数えると20年、プロになってからは17年、僕はこのサンフレッチェ広島で過ごしてきました。
 
 キャリアを振り返れば2度のJ2降格。そして3度のJ1優勝と嬉しいことや苦しいことがたくさんありました。そのなかで自分自身は幾度も体調不良や怪我に悩まされ、もうピッチに戻ることはできないのではと思ったことは一度や二度ではありません。
 
 でも、そのたびに僕をこのピッチに戻らせてくれたのは、育ててくれた両親、いつもそばにいてくれた妻と子供たちでした。つらい時も苦しい時も支えてくれてありがとう。
 
 また、クラブを支援してくれている株主様、スポンサー様、森保監督をはじめとするチームスタッフ、フロントの皆さん、一緒に切磋琢磨してくれたチームメイト、そして温かい目でいつも僕の復帰を待ってくれていたサポーターの後押しがあったからこそ、僕は戻ってくることができました。

 改めて支えてくれた家族、出会ったすべての監督とチームメイト、サポーター、そして僕、森﨑浩司に関わってくれたすべてのひとに感謝したいと思います。
 
 そして、そのなかでも特に僕が感謝しなければならないのは、双子の兄であるカズ(森﨑和幸)の存在です。普段は照れくさくてなかなか直接は言いづらいので、この場を借りて言わせてください。
 
 僕はカズがいたから、今日までプロサッカー選手としてプレーできたと思っています。体調不良で苦しい時、自分自身のプレーに納得がいかない時、いつも相談に乗ってくれたのが他でもないカズでした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ