川口能活クロニクル――神が舞い降りた死闘のPK戦|2004年アジアカップvsヨルダン

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年08月31日

いろんな覚悟が重なって生まれた勝利。

勝利の立役者になった川口が、PK失敗の中村と抱き合う。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 4人目のキッカーからすべて読みが的中。ツネたちには「神がかっていた」と言われました。自分で言うのもおかしな話ですが、本当によく止めたと思います。ヨルダンの7人目のキックがポストを叩いて日本の勝利が決まるのですが、最後のキックのシーンでは、もはややられる気がしませんでした。それほどPK戦に集中していたということでしょう。
 
 4人目のキッカーからは、俗に言う「ゾーンに入った」状態でした。PK戦は大ブーイングのなかで行なわれていたのですが、スタンドからの音や声なんてなにも聞こえていません。無音状態でした。僕の目には、相手のキッカーしか見えていませんでした。ボールと相手の足の角度。それが一体化して見えていたのです。だから、どこへ蹴るのかが分かりました。言い換えれば、「ゾーンに入る」ところまで、僕もチームも追い込まれていたということです。
 
 冒頭でも触れたように、アジアカップを取らなかったら日本代表での未来はないと思っていましたし、それに僕自身、10代の頃から代表チームとともにずっと成長してきたというプライドもあります。こんなところで負けるわけにはいかない、という強い気持ちがありました。
 
 PK戦でも窮地に追い込まれていましたが、自身のサッカー人生においても追い込まれていました。だからこそ、「ゾーンに入る」くらいに集中できたのでしょう。ヨルダン戦のPK戦、特に後のなくなった4人目のキッカーからは、火事場の馬鹿力ではありませんが、川口能活の持てるすべての力を発揮できたのかなと思います。
 
 あれから12年の月日が経ちました。いまでもよくいろんな方々から「どうやってPKを止めることができるのか?」と聞かれることがありますが、そもそもPK戦自体、キッカー有利のシチュエーションですから、そう簡単には止めることなんてできません。ヨルダンとのPK戦についても、いろんな要素が重なり合って、あのようなシチュエーションを迎えたわけですから、「もう一度やれ」と言われても、絶対にできないと思います。
 
 所属クラブ(ノーシャラン)のキャンプ参加を拒否してまでアジアカップ参戦を決断した「覚悟」。ようやく巡ってきたレギュラー奪取へのラストチャンスをつかんでみせるという「覚悟」。そして、PK戦であと1本決められたら終わり、という状況を覆してみせるという「覚悟」。いろんな覚悟が重なり合って生まれた勝利だったと思います。
 
 日本代表の選手たちにも、日の丸を背負う覚悟、自分のサッカー人生をかけた覚悟をもって戦っていってくれたらと願っています。そうすれば絶対に道は開かれると信じています。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ