【J1経営情報ランキング】浦和の営業収益が6年ぶりの60億円越え。広告料は名古屋がトップ。人件費は――

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月01日

チーム人件費――上位クラブに大きな金額の開きはなし。つまり、浦和が本気を出せば…。

チーム人件費1位は浦和。とはいえ、2位の名古屋や3位の鹿島と大きな開きはなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 最後は、チーム人件費だ。

◆チーム人件費ランキング
1位 浦和 20億9900万円
2位 名古屋 20億8600万円
3位 鹿島 20億2300万円
4位 G大阪 19億5600万円
5位 横浜 18億6000万円
6位 広島 18億900万円
7位 神戸 17億6700万円
8位 川崎 16億8500万円
9位 FC東京 16億4100万円
10位 清水 15億2600万円
11位 新潟 11億3800万円
12位 鳥栖 11億500万円
13位 仙台 10億3100万円
14位 松本 8億2100万円
15位 甲府 7億3600万円
16位 湘南 6億9900万円
17位 山形 5億300万円

 チーム人件費は、浦和ら3クラブが20億越え。リーグ制覇を果たした広島は18億900万円、G大阪も19億5600万円と20億近くを投じており、ランキング上位クラブに大きな金額の開きはなかった。リーグ戦で好成績を残したクラブが、ランキングでもおおむね上位に入った印象だ。

 ただし、名古屋は例外で、人件費2位の20億8600万円をかけながら、リーグ戦9位と苦戦した。一方で、抜群のコストパフォーマンスを示したのが、6億9900万円でランキング16位の湘南。昨季はリーグ戦8位と、約3倍の人件費をかけた名古屋を成績で上回っている。

 "上位に大きな開きがない"と前述したが、別の視点から見れば、経営規模の大きい浦和が、人件費にそれほど資金を注入していないとの分析もできる。浦和がより人件費にコストを割くようになれば、さらに魅力的なキャスティングが実現するかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ