• トップ
  • ニュース一覧
  • ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督就任ですべてが激変。場合によっては悪童バロテッリもライバルに?」

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督就任ですべてが激変。場合によっては悪童バロテッリもライバルに?」

カテゴリ:連載・コラム

マルコ・パソット

2016年04月14日

本田のライバルはボナベントゥーラだけではない。

ブロッキ政権になって序列は横一線に。バロテッリ(右)が本田のライバルになる可能性もある。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 一方でブロッキは、4-3-3の可能性も排除していない。
 
「4-3-1-2を使いたいと思っている。でも、過去のミランで上手くいったからといって、必ずしも今のチームで機能するとは限らないからね。私はウイングを置くサッカーも好きなんだ」
 
 4-3-3になった場合の本田のポジションは、やはり右ウイングだろう。ミランに入団して以降の彼は、トップ下ではなく右ウイング/サイドハーフを主戦場としてきた。この経験がきっと役に立つだろう。
 
 ただ、システムが2トップ+トップ下になるにしろ、3トップになるにしろ、本田にとってライバルになるのがボナベントゥーラだけとは限らない。
 
 とくにブロッキ新監督が「とても重要な選手。私は彼が好きだよ」と高く評価するバロテッリは、ストライカーよりもトレクアルティスタと言った方がしっくりくるプレースタイルの持ち主。どのポジションに置いても敵2ライン(DFとMF)間でボールを受け、そこから前を向いてラストパスやシュートを狙う。
 
 このバロテッリ、ケビン=プリンス・ボアテングとジェレミー・メネーズは、CF、左右のウイング、トップ下と攻撃的ポジションならどこでもこなす。いずれも怪我やコンディション不良に悩まされ、さらに守備力や献身に欠けることもあり、ミハイロビッチ時代は決して重用されていなかった。
 
 しかし、何しろ指揮官が変わったのだ。これまでの序列は関係ないし、新監督の下で一念発起する可能性はある。いずれも個の打開力では本田を大きく上回るこの3人が本当にライバルとなれば、かなり手強いだろう。
 
 さらに言えば、最終的には厚い信頼を寄せてくれたミハイロビッチが去ったことで、本田のミランにおける未来は再び不透明になってしまった。今夏に移籍する可能性も大いになる。何しろ監督が定まらない限り、選手たちの運命も決して定まらないのだから。
 
文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)
翻訳:利根川晶子
 
【著者プロフィール】
Marco PASOTTO(マルコ・パソット)/1972年2月20日、トリノ生まれ。95年から『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙で執筆活動を始める。2002年から8年間ウディネーゼを追い、10年より番記者としてミランに密着。ミランとともにある人生を送っている。
【関連記事】
本田にとって「ミランでの5人目の監督」。クリスティアン・ブロッキってどんな人?
【セリエA現地コラム】サポーターが暴徒化する混迷ラツィオ。シモーネ・インザーギ新監督もいわば「繋ぎ」で、来シーズンはあの鬼軍曹を招聘?
【移籍専門記者】トリノでモデル美女と熱愛中のモラタ。しかし、今夏は新天地へ?
【ミラン 1-2 ユベントス|採点&寸評】ポグバと本田の両10番は明暗分かれる。ミラクルセーブ連発のブッフォンがMOM!
【アトレティコ・マドリー 2-0 バルセロナ|採点&寸評】全選手が高い守備意識を持って仕事を完遂! A・マドリーが逆転で準決勝へ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ