• トップ
  • ニュース一覧
  • ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督就任ですべてが激変。場合によっては悪童バロテッリもライバルに?」

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督就任ですべてが激変。場合によっては悪童バロテッリもライバルに?」

カテゴリ:連載・コラム

マルコ・パソット

2016年04月14日

システムはオーナーが好む4-3-3に回帰するはずだ。

現役引退後はミランでU-17とU-19の監督を務めてきたブロッキ。トップチームを指揮するのは今回が初めてだ。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 とにかく今のミランは矛盾とその場凌ぎばかりで、先行きはとてつもなく不透明だ。一般的に新シーズンの監督探しは、4月あたりからスタートするものだが、ミランはまったく動いていない。いや、動けないと言ったほうが適切だろう。ブロッキが残るのか去るのか、誰にも答えられない状態だからだ。
 
 こんな調子なのだ。もちろんミラニスタは怒り狂っている。ここ数日のSNS上は、ベルルスコーニとガッリアーニに対する批判の嵐で大炎上状態だ。
 
 そして、選手たちはただただ途方に暮れている。ヨーロッパリーグ出場権獲得のために、最後のエネルギーと気力を振り絞らなければいけないこのデリケートで大事な時に、監督の首が飛んでしまったのだから、それも当然だろう。
 
 それに監督が変われば、チーム内のヒエラルキーにも多少の変動が起こる。それはミハイロビッチからやっと厚い信頼を得るようになっていた本田も例外ではなく、ポジションは保証されていない。
 
 ブロッキ体制になってまだ1試合も戦っていないため(初陣は4月17日のサンプドリア戦)、断言するには早すぎるが、本田は少なくともミハイロビッチ時代よりも出番が減る可能性がある。その理由は簡単だ。システムが4-4-2から4-3-1-2に変わるからだ。
 
 なぜか? ベルルスコーニが一番好きなシステムだからだ。ミハイロビッチもシーズン当初はオーナーの意向を受けてこのシステムを使っていたがあまり機能せず、4-3-3を経て4-4-2に落ち着いていた。ブロッキになって、またそれに回帰するわけだ。
 
 新監督に就任した4月12日の最初のトレーニングでブロッキは、実際にこの4-3-1-2をテストした。トップ下に入ったのはジャコモ・ボナベントゥーラ。そう、どうやらまたボナベントゥーラと本田のポジション争いが勃発しそうな雰囲気だ。翌14日の会見で新監督は、こうコメントしている。
 
「私は監督になってから常に4バックと3センターハーフで戦ってきた。前線の3人については、様々な可能性がある。トップ下を置く4-3-1-2は好きだよ。ボナベントゥーラと本田には、トップ下に適切な特長が備わっているね」
 
 ミハイロビッチの4-4-2では両サイドハーフとして絶対的な存在だった2人が、今度は1枠しかないトレクアルティスタ(トップ下)のポジションをめぐって戦う――。何とも奇妙な話である。
【関連記事】
本田にとって「ミランでの5人目の監督」。クリスティアン・ブロッキってどんな人?
【セリエA現地コラム】サポーターが暴徒化する混迷ラツィオ。シモーネ・インザーギ新監督もいわば「繋ぎ」で、来シーズンはあの鬼軍曹を招聘?
【移籍専門記者】トリノでモデル美女と熱愛中のモラタ。しかし、今夏は新天地へ?
【ミラン 1-2 ユベントス|採点&寸評】ポグバと本田の両10番は明暗分かれる。ミラクルセーブ連発のブッフォンがMOM!
【アトレティコ・マドリー 2-0 バルセロナ|採点&寸評】全選手が高い守備意識を持って仕事を完遂! A・マドリーが逆転で準決勝へ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ