【J1採点&寸評】G大阪2-3仙台|富樫、西村、J・スウォビィクを最高評価! MOMはワンチャンスを決め切った…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月13日

仙台――神セーブのGKは影のMOM

【警告】G大阪=なし 仙台=J・スウォビィク(59分)
【退場】G大阪=なし 仙台=なし
【MAN OF THE MATCH】西村拓真(仙台)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
仙台 6.5
リーグ戦で11試合勝利がない現状を変える気迫があった。2度リードしながらも追いつかれたが、指揮官を含めて勝ち切る意識が高く、ついにトンネルを抜け出す。

【仙台|採点・寸評】
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 7
影のMOMと言ってもいいだろう。拮抗していた前半、矢島のシュートを神セーブ。2失点はしたが、存在感はあり、コーチングも適切だった。

DF
4 蜂須賀孝治 5(82分OUT)
クロスで攻撃にリズムを出し、先制点を演出。一方で、守備では藤春らに苦しい対応を強いられ、弱みも見せた。PK献上も軽率だった。

5 アピアタウィア久 6
立ち上がり早々、パトリックを倒しヒヤリとする場面も。だが徐々にパトリックにも慣れ、局地戦で強さを出していた。

16 吉野恭平 6
背後へのボールに対して不安定なプレーも見せたが、後半は持ち直し、致命的なミスはしなかった。

14 石原崇兆 6
小野瀬に対して仕事をさせることなく、中央に絞り、身体を張って危ない場面を防いだシーンもあった。攻守において大きなミスはなく安定していた。
 
MF
17 富田晋伍 6
ボランチでスプリント2回は少ないように思えるが、バイタルエリアで忠実にプレー。上原との息も合っていた。

6 上原力也 6.5
チーム最多の走行距離がその献身的なプレーを物語る。もう少し攻めで欲を出してもいいが、セットプレーでの好キックで2点目を演出した。

26 加藤千尋 6(90分OUT)
強度の高いプレーで、とくに前半は攻撃にアクセントを加えていた。派手さはないが守備でも献身的で、攻守において存在感あり。
 
【関連記事】
「涙出ました」「最高すぎる」仙台を12試合ぶり勝利に導く鮮烈弾! 西村拓真の強烈ミドルにファンも歓喜!
仙台が12試合ぶりの白星! 富樫のヘッド2発&西村のミドルでG大阪を下し、降格圏脱出へ向け価値ある勝点3
【J1採点&寸評】FC東京0-1柏|完封した柏の守備陣は軒並み高評価。それでもMOMは中盤で効果的な働きをした…
【J1採点&寸評】横浜FC0-2浦和|今季リーグ初弾の汰木がMOM! 堅守を築いた2CBも高評価
【WEリーグ開幕】浦和Lが塩越の決勝弾でベレーザに逆転勝利。I神戸は圧巻5発で大宮Vを一蹴

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ