• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】川崎 2-0 札幌|リーグ新記録の“22戦無敗”達成の立役者は…札幌も果敢な戦いを披露

【J1採点&寸評】川崎 2-0 札幌|リーグ新記録の“22戦無敗”達成の立役者は…札幌も果敢な戦いを披露

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年05月16日

札幌――指揮官も勇気のある姿勢を評価

【警告】川崎=なし 札幌=菅(64分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】小林 悠(川崎)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
札幌 5.5
敗れただけに「6」とはいかないが、ペトロヴィッチ監督が「勇気のある戦いを見せてくれた。方向性に間違いはないと証明できた」と振り返ったように、昨年に川崎を下したゲーム同様、前からのプレスで王者を苦しめ、チャンスも作った。もっともフィニッシュ精度は高めたいところで、トランジションのスピードも速める必要があるだろう。

【札幌|採点・寸評】
GK
1 菅野孝憲 5.5
1失点目のシーンは三笘に詰めるものの、あと一歩が届かず。2失点目は小林との1対1になっただけに致し方なし。それでもエリアのニアゾーンに侵入された際には、素早い出足でブロックするなど味方の反撃を持った。

DF
 田中駿汰 5.5
金子と協力しながら三笘の突破を食い止め、攻撃時にはサイドに開いて前線へフィード。先制点を奪われたシーンは「レオ(旗手)も意図していなかったはずのアンラッキーな形」との言葉通りであるが、防げなかったことに悔いも示す。クロスに前で旗手に触られ背後の三笘に決められた。

10 宮澤裕樹 5.5
前から果敢に守備をするチームにおいて、背後をカバー。攻守のバランサーとして不可欠な存在だった。ただ、如何せん担当するエリアが広いだけに、前半のあわやPKかと思われた三笘への対応や、クロスをクリアし切れずに先制点につなげられたシーンなど難しい場面は多かった。

5 福森晃斗 5.5
26分の小柏へ通したロングフィードは素晴らしく、チョン・ソンリョンにセーブされたとはいえ、後半に放ったFKも決まってもおかしくないコースだった。一方で守備面でマイナス材料があり、「6」と悩むも……。
 
 
MF
9 金子拓郎 5.588OUT
右サイドからドリブルで仕掛け、チャンスにつなげようとしたものの、なかなか相手を外し切れず。三笘への対応など守備意識も高かったが、自身としてはより攻撃で輝きたかっただろう。

8 深井一希 5.554OUT
高嶺とバランスを取りながらボールを動かし、チャンスと見るや相手ゴール前へ。ダイナミックな動きは〇も、細かなポジショニングでズレもあり、先制点の場面では家長にクロスをあげられた。後半の早い時間で交代に。

6 高嶺朋樹 6
粗さもあったが、中盤でよくファイトし、相手に食らいつくなど気持ちがよく伝わってくるパフォーマンスだった。左足でのフィードも好印象。

4 菅 大輝 5.569OUT
1失点目の場面は左サイドでの彼のボールロストが起因に。前半には惜しいシュートを放つなどゴールに迫ったが……。

 
【関連記事】
【川崎】復帰戦で決めた見事なゴール。小林悠がチームメイトに示す頼もしき背中
「ボール持ってなくても三笘ってる」川崎23歳MFの幻惑ボディフェイクにファン釘付け!「怖いよもう」
「つまりナイスパス」「憲剛さんのパス見てたんでね」川崎の偉大な先輩と登里の“ほっこり”やり取りに反響
「僕の相棒です」小野伸二、愛車との2ショットに反響相次ぐ!「最高の車に最高の漢」
「お笑いの腕も上げてきている」札幌バンディエラ宮澤の渾身のモノボケに脚光!「名付けて目ディング」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ